TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

2013年 12月 10日 ( 1 )

政治音痴振り発揮の安倍総理。世界の首脳が弔問するマンデラ元大統領の国葬に欠席。

今月12月10日(現地時間)に執り行われるネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の公式追悼式(国葬)に、安部総理は欠席する。理由は、今月13~15日東京で開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)との特別首脳会議のためだという。

故マンデラ氏の国葬には、世界の殆どの首脳が参列することが各国からすでに発表されている。分かっているだけでも、米国からはオバマ大統領夫妻、ブッシュ前大統領夫妻、クリントン元大統領、ヒラリー元国務相、イギリス・キャメロン首相、フランス・オランド大統領、ブラジル・ルセフ大統領、EU・ファンロンパイ大統領など参列者は140人に上り、今世紀世界最大級の葬儀となる見通し。

b0022690_1953297.png

<南ア・ヨハネスブルグに政府専用機で到着したオバマ大統領夫妻、ブッシュ前大統領夫妻等 by CNN>

b0022690_19533569.jpg

<南ア・ヨハネスブルク:マンデラ元大統領の自宅前で追悼する市民 by AFP>

日本からは皇太子殿下と福田元首相が列席することになったが、海外の皇室ではない、政治家の葬儀に皇室が参列するのは異例中の異例。

マンデラ元大統領は、27年間収監された後、非暴力で南アフリカのアパルトヘイト(人種隔離政策)を完全に撤廃し世界の人権運動に多大な影響を与えた、まさに伝説的な政治家。それゆえ世界中から何はおいても参列するのは当然過ぎること。マンデラ氏の最後を飾る「追悼式」に立ち会うのは、「人権とアフリカの問題」に政治家として生涯かかわり続けるというメッセージを、世界に与えることになる。何故それが安部総理には理解できないのか、やはり世襲議員の限界を露呈したものと判断せざるえない。

マンデラ氏の国葬は今月15日の故郷クヌ村での埋葬まで続く。今からでも遅くない。10日の公式追悼式にはもう間に合わないが、ASEANとの会議は早めに切り上げて、「マンデラ氏の埋葬に出席する」と言えば各国も理解してくれるだろう。この機会を逃せば、生涯世界の首脳との会議で「あなたはマンデラ氏の追悼式に欠席したのか?」と言われ続けられることは間違いない。

[オバマ大統領夫妻らの南アヨハネスブルグ到着を伝える映像 by CNN]
http://edition.cnn.com/video/data/2.0/video/international/2013/12/10/cnn-vo-obama-bush-family-arrivals.cnn.html

[追悼式でのオバマ大統領の弔辞 by CNN]
http://edition.cnn.com/video/data/2.0/video/world/2013/12/10/mandela-memorial-barack-obama-speech.cnn.html
[PR]
by tsune2514 | 2013-12-10 19:57 | 国際情勢
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー