TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

アベノミクスならぬ単なる「アベノミス」。戦略なき安倍総理の靖国参拝。

安倍首相は昨日30日放送された日本テレビの番組で、「日本も自信を取り戻したが、 中国も韓国も経済成長が続いて自信を持ってきた。成功している国同士の付き合いは、いろんな課題があるからこそ、会って話をするのが大切なのではないか」と語り 中韓両国に首脳会談に応じるよう促した。 
一方、米国国務省は安倍総理の靖国参拝以後、はじめてこれに関する公式の記者会見をし、ハーフ副報道官があらためて安倍総理の靖国参拝について「失望していると」と表明。また「日本とはこの件で引き続き調整する」と付け加えた。

b0022690_13385075.png

<靖国参拝に関して記者会見するアメリカ国務省ハーフ副報道官>

30日のTV放送での総理のコメントは、「失望」という米政府からの予想外の強い批判に驚き、米国向けにポーズとして首脳会談を呼びかけたものと思われる。
この呼びかけは、相手が嫌がることがわかっていながら実行し、その上で会談を呼びかけるという、ほとんどブラックユーモアに等しい内容でしかない。しかもご丁寧に「中国も韓国も経済成長が続いて自信を持ってきた」と中・韓にしてみれば皮肉としか思えない、媚びたコメントまで付け加える始末だ。
安部総理は靖国参拝に際し、仲井沖縄知事の辺野古埋め立て承認で、米政府の靖国参拝批判は回避できると、単純に足し算引き算という小学生の初歩的レベルの外交戦略を描いていたが、世界を取り巻く外交はそんなに甘くはなかった。
世界各国からのグローバルな反響、またこれまで積み上げてきた外交成果に今後どの様な成果を積み上げることができるかという、4次元且つ微分・積分的な現状分析をしなければ、正しい外交戦略は導き出せない。
結局安倍総理のお子様外交のつけは、次の政権が尻拭いするしかないだろう。

<靖国参拝後の米政府の反応を伝えるTV報道 by FNN>
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00260538.html
[PR]
by tsune2514 | 2013-12-31 13:40 | 国際情勢

F1元ワールドチャンピオン、ミハエル・シューマッハ、スキー事故で重体。

今月29日、自動車レース最高峰のフォーミュラ・ワン(F1)、元ドライバ-で、通算7回のワールドチャンピオンに輝いたミハイル・シューマッハ氏(ドイツ、44歳)が、フランスの高級リゾート地メリベルで家族とスキーを楽しんでいるとき崖から落下。頭を強く打ち重体となったことがわかった。

b0022690_20345495.jpg

    <スキーをする最近のミハイル・シューマッハ氏の姿>

現地ブール・サン・モーリス警察の担当者によると、シューマッハ氏は、正式なコースエリアから外れて滑走中に崖から転落。岩に頭を強打したとのこと。事故後直ちに近隣の町ムーチエの病院に運ばれ応急手当をし、その後にグルノーブル市内の大病院に移送された。
グルノーブル病院の院長の話では、シューーマッハ氏は「重傷を負い病院に運ばれて来たときは既に意識がなく、すぐにも脳外科手術を必要とする状態だったが、手術後も状況は変わっていない」とメディアにこれまでの経緯について公表。さらに「22日遅くになっても意識は戻っていなかった」と説明をした。
尚、事故を担当した警官によると、シューマッハ氏は事故時ヘルメットをかぶっていたとのこと。
また、グルノーブル病院では妻、息子二人の家族が付き添っているとのこと。

FIA会長で元フェラーリ時代のチーム代表ジャン・トッド氏も病院を訪れ、かつてのライバルのFIドライバーからはミハイル・シューマッハ氏の安否を気遣う声が数多く寄せられている。
いまは度々のレース中での事故からも、不死身のように蘇ってきたミハイル・シューマッハ氏の回復を祈るばかりです。
[PR]
by tsune2514 | 2013-12-30 20:41 | スポーツコラム

JALソチ五輪の応援で浅田真央に特別塗装機をプレゼント!

いよいよ来年2月7日開会される(ロシア)ソチ冬季オリンピックまで、後一か月少々となった。
そして今月25日Xmasに日本航空(JAL)は、メダルが有力視される女子フィギュアスケートの代表浅田真央を応援するため、浅田選手の姿を描いた特別塗装機、「ソチオリンピック・パラリンピック がんばれ!ニッポン!」の2号機を公開し、浅田選手にプレゼントした。ちなみに一号機は、2012年のロンドン五輪で体操の内村航平選手を描いて就航した。

b0022690_21244612.jpg

<特別塗装機と浅田真央選手>

今回の特別塗装機はボーイング777−300型機で、機体後方に縦5.7メートル、横16メートルの巨大なサイズで氷上を舞う浅田選手の姿が描かれている。
この日羽田空港で、自身が描かれた巨大な特別塗装機のクリスマスプレゼントを見た浅田選手は、「すごい! 飛行機に乗って、目標のソチへ向かって行くんだ、自分が飛んで行くんだという気持ちになった。日本代表として一番良い色のメダルを持ち帰りたい。この機体の笑顔よりさらに良い笑顔で演技を終えたい」と強い決意を語った。

この特別塗装機は、今月26日の羽田発那覇行きのJAL905便を皮切りに14年3月中旬まで羽田−那覇を中心に全国の主要路線を就航するとのこと。

b0022690_21254017.jpg

<浅田真央選手を描いた特別塗装機の勇姿>

<特別塗装機のお披露目を伝えるTVニュース>
http://www.youtube.com/watch?v=4OZ1BG2oaVA
[PR]
by tsune2514 | 2013-12-29 21:28 | スポーツコラム

2013年 Google 検索ランキング発表。一位はネルソン・マンデラ(南ア大統領)。 

今月12月18日、検索サイト最大手のGoogleは2013年の世界及び、各国別検索ランキングを発表した。
それによると、今年世界で一番検索された言葉(人物)は12月6日(日本時間)に亡くなった元南アフリカ大統領「Nelson Mandela(ネルソン・マンデラ)」だった。あらためて彼の世界的な影響力を示している結果となった。ちなみに出来事の1位は爆破テロが起きたボストン・マラソンだった。
以下人物及び出来事の5位までのランキングです。

<人物>
b0022690_2274653.jpg

1位 ネルソン・マンデラ(南アフリカ元大統領 12月6日死去)
2位 ポール・ウォーカー(米国の俳優、11月30日交通事故死)
3位 マララ・ユサフザイ(パキスタン 16歳の女性人権活動家)
4位 ジェームズ・ガンドルフィーニ(米国の俳優 6月19日ローマで死去)
5位 マイリー・サイラス(米国の歌手、女優)

<出来事>

b0022690_2213037.png

1位  Boston Marathon(4月15日爆弾テロ事件発生)
b0022690_22131854.png

2位  Typhoon Haiyan(フィリピンを襲った台風30号)
b0022690_2214295.jpg

3位  government shutdown(アメリカ政府機関の閉鎖)
b0022690_2232882.jpg

4位  2014 FIFA World Cup(来年6月ブラジルWC)
b0022690_22324276.jpg

5位  Chinese New Year(中国旧正月)

ちなみに本コラムでは、人物1位のネルソン・マンデラ元南ア大統領と出来事の1位から4位まで取り上げております。

[Google 2014 検索ランキング]

http://www.google.com/trends/topcharts?date=2013#geo&date=2013&cid
[PR]
by tsune2514 | 2013-12-28 22:35 | 時の人

安部総理が金正恩化して暴走! 靖国参拝に世界から批判声明続出!

昨日12月26日の安倍総理の靖国参拝は、自民党政権内部、また連立を組む公明党の反対を押し切っての個人プレーだったことが明らかになった。これまで実質的に安倍内閣で実務を担ってきた菅官房長官は、直前まで総理の靖国参拝をや止めさせようと動いたが、その努力も昨日の参拝で水泡に期した。自民党No.2の石破茂幹事長には当日になって参拝すると通告。また連立を組む公明党にも、参拝に出向く直前に山口代表に安部総理から電話しただけだった。山口氏は即座に「賛同できない」と反対。26日の午後には記者団に対し、「靖国参拝を避けた方がいいと繰り返し伝えてきたにもかかわらず、参拝したことは残念だ。中国・韓国の反発を予測した上で行ったわけだから、首相自身がその結果について解決しなければならない」と総理の独善的行動について見放した批判をした。

安倍首相の靖国参拝は一斉に世界中のメディアで配信され、その結果中国、韓国は当然として殆どの欧米諸国から批判声明が発表された。米国は今日になり、昨日の駐日大使館の声明から格上げし、「国務省(外交)」として改めて声明を発表した。さらにEUのアシュトン外交安全保障上級代表(外相)報道官は26日、安倍首相の靖国神社参拝について「地域の緊張緩和や、日本の近隣諸国、とりわけ中国、韓国との関係改善に貢献しない」と声明を出した。ロシア政府も外務省のルカシェビッチ情報局長が26日、「このような行動には遺憾の意を抱かざるを得ない」と声明をだした。
さらに米国有力メディアの「ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)」は26日の社説で、「日本の軍国主義復活という亡霊を自らの軍事力拡張の口実に使ってきた中国指導部にとって、安倍首相の靖国参拝は贈り物になった」とコメント。安倍総理の参拝は、結果的に中国指導部を利することになると皮肉った。

b0022690_23241560.png

   <安倍総理の靖国参拝を伝えるウォール・ストリート・ジャーナル・電子版>

<ウォール・ストリート・ジャーナル・電子版>
http://online.wsj.com/public/page/news-japan.html


盆暗・世襲政治家「安倍晋三」は、ここまで欧米諸国が批判するとは夢にも思っていなかっであろう。
以前のプログでも書いたが、安倍総理はこれまで外交・内政上3度の大きな判断ミスをしてきている。一度目はフィリピンが台風30号の被害にあったとき、被害発生から3日後にようやく25人の医療チームを派遣、その後米国が直ちに空母をフィリピンを派遣すると慌てて1000人規模の自衛隊派遣を決めた。二度目は世界の首脳が集った南アフリカ元大統領マンデラ氏の国葬に、先進国G8でただ一人欠席したこと。三度目は国会での絶対多数を背景に、「特定秘密保護法案」を強行採決したことだ。

今の安部総理の国会での絶対多数を背景とした暴走は、まるで北朝鮮の金正恩の暴走と酷似している。彼も世襲三世、そして安倍晋三も岸元総理、安倍晋太郎元自民幹事長と続く世襲三世。知性の欠けた人物が絶対権力を持つと暴走することを、歴史上人類は再三経験している。自民党内部でさえコントロールが効かない安部総理の暴走は、賢明な国民世論と、諸外国の冷静は批判で止めるしかない。

<海外からの批判を報道するニュース映像 by ANN>
http://www.youtube.com/watch?v=dRhQXWgUdTo

[PR]
by tsune2514 | 2013-12-27 23:27 | 国際情勢

本日安倍総理靖国神社参拝。米政府「日本の指導者の行動に失望した」と異例の声明。

本日12月26日午前、安部首相は靖国神社に参拝した。現職首相の靖国参拝は、2006年8月15日終戦の日の小泉首相(当時)以来7年ぶりとなる。
この安倍総理の靖国参拝について米政府は、在日米国大使館を通じ、「日本は大切な同盟国であり友好国だが、日本の指導者が近隣諸国との関係を悪化させるような行動を取ったことに、米国政府は失望している」と異例の声明を発表した。

b0022690_2329273.png

           <靖国訪問に向かう安部首相一行>

これは小泉総理の時の靖国参拝ではなかった事で、米国政府が米国と直接関わりのない事柄で、日本の総理の行為について明確に批判声明を発表するのは、異例中の異例。この米政府の声明の趣旨は、首相の靖国参拝そのものを批判しているのではない。11月23日中国が尖閣諸島を含む東シナ海上空に防空識別圏を設定した以降、中国に対する安全保障上の緊張感が続いている現在、火に油を注いで緊張感を増幅させるような行動を、「何故いま安倍首相がとったのか」と批判していることに、安部総理は気づかなければならない。
尖閣諸島の領有権を中国が主張し、盛んに領海、領空に侵入を継続していることについて、日米共同で対処する必要がある。この尖閣列島の問題と比較し、安倍総理の靖国参拝は、その重要性に関しては比較にならないほど低い。靖国神社は過去の経緯はともかく、いまは一私的宗教施設にすぎず、参拝は総理の職務ではない。あくまで個人の心の問題で、日本人全体にとっても靖国神社に対する思いは一様ではない。安倍総理の祖父岸信介元総理はA級戦犯で、靖国神社について安倍総理の個人的な思いがあるだろうが、靖国参拝により確実に対中国との間に緊張が増す事は明らかなのに、敢えて今参拝した安倍総理の政治音痴ぶりにはあきれて物が言えない。
「平和遺族会全国連絡会」の西川重則代表は、「アジアとの関係があまり良くないこの時期になぜという思いだ。一国の責任者の参拝は閣僚とはわけが違う。追悼の意を表す方法は他にもあるはずだ」と批判した。

安部総理は自己満足しただろうが、後からどの様な理由をつけようが、今回の軽率な行動で唯一信頼の置ける強力な同盟国米政府の信頼を損ねた事と、慎重に外交戦略を実施していかなければならない対中国に対し、不必要な軋轢をもたらした事実に変わりはない。

<安倍総理の靖国訪問を伝える動画 by FNN>
http://www.youtube.com/watch?v=PrC3g4LJKtw
[PR]
by tsune2514 | 2013-12-26 23:40 | 政・経コラム

本日25日Xmasに小笠原諸島・西之島と新しい島がドッキング!

先月11月22日、西之島近くに海底火山の噴火で出現した新しい島は、その後溶岩を噴出し日々成長し当初の8倍にまで成長していたが、ついに本日12月25日のXmasデイに西ノ島と繋がったことが確認された。

b0022690_22411597.png

<新しい島と一体化した現在の小笠原諸島の西ノ島 by 朝日新聞デジタル>  

上空から観察すると新しい島と西之島は2カ所で陸続きになり、その間に丁度湖の状態で海水がたまっていることが確認された。尚、その箇所の海水は火山ガスの影響で赤褐色の状態となっている。あらたに接続した箇所からは3カ所の火口が確認でき噴火が今も継続している。時折マグマを吹き飛ばす「ストロンボリ式噴火」も垣間見れ、噴煙の高さは最大約500メートルまで立ち上っている。

b0022690_22413622.png

                        <ストロンボリ式噴火する新しい島>

b0022690_2241542.jpg

                         <火山噴火の種類>

<新しい島が出現した時の映像 by AFP>
http://www.youtube.com/watch?v=ustMU9VjkNI

<新しい島が成長し一体化した現在の小笠原諸島の西ノ島kの映像 by 朝日新聞デジタル>
http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312250419.html
[PR]
by tsune2514 | 2013-12-25 22:49 | 政・経コラム

PKOで南スーダンに派遣されている自衛隊が韓国軍に銃弾1万発提供。

今月23日、日本政府は、南スーダンの首都ジュバで国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊部隊が、現地で韓国軍に国連を経由する形で銃弾1万発を無償提供したと発表した。
この政府の決定の経緯は、国連と韓国から「防護のための銃弾が不足している」との要請が日本政府に22日にあり、これを受け、安倍総理は23日、国家安全保障会議(NSC)の4大臣会合と9大臣会合を招集して対応を協議し、持ち回り閣議で提供を決定したとのこと。
この決定の詳細については菅官房長官が23日夜、銃弾提供についての談話を発表した。提供は(1)隊員や避難民の生命・身体保護のため一刻を争う(2)現地で韓国軍と同型の銃弾は自衛隊しか保有していないことから「緊急事態」と判断し、武器輸出三原則(立法化はされていないが日本は原則、武器、武器製造技術、武器への転用可能な物品の輸出をしていない)の例外と位置付けた。また今回提供した小銃弾は避難民らの安全確保のみに使用されることなどを前提にしている。

b0022690_0194872.jpg

<南スーダンの位置>

b0022690_0202584.jpg

<南スーダンへのPKO派遣施設隊(自衛隊) 第5次要員>

また本日24日、小野寺防衛大臣は韓国軍への小銃弾1万発提供の経緯の詳細について、現地自衛隊・井川隊長からテレビ電話で報告を受けた。そのなかで井川隊長は、『現地時間の21日夜、韓国隊・部隊長から直接電話があり、「韓国隊の宿営地には1万5000人の避難民がいるが、守るのは韓国隊のみで、周りは敵だらけ。弾薬が不足しているので1万発の小銃弾をぜひ貸してほしい』と差し迫った要請があった』と述べ、また『韓国側から「銃弾は日本隊と韓国隊の強い絆の象徴だ」と謝意が伝えられた』と報告した。
さらに現在の南スーダン・首都ジュバの状況については、「人々の生活も平常に戻ってきており、沈静化の方向にある。ここ数日、銃声は確認されていない。給水支援などを宿営地内で実施しているが、問題なく任務を遂行している」と述べたとのこと。

これに対し相変わらず姑息な韓国政府は当初、「韓国から銃弾提供の要請をした事実を公表しないよう」日本側に依頼したが、日本政府は拒否。23日夜、菅官房長官が提供の事実を談話として発表した。

これに対し韓国国防省の報道官は24日の記者会見で、「状況が長引く可能性に備え、予備として確保するため臨時に借りた。不足はしていない。当面必要な銃弾は所持している」と説明。「緊急性が高いため提供した」とする日本政府の説明と異なる見解を示した。
今回の日本から韓国への小銃弾1万発の提供に関わる問題点は2つある。
一つは武器輸出三原則に触れるかどうかだが、日本政府の武器輸出三原則そのものは、「共産圏と国連決議による武器禁輸措置をとられた国、及び紛争地域への武器輸出を禁止」したものであり、他の地域への武器輸出は「慎む」とされている。今回は対象国が韓国でしかもPKO活動への支援目的のためで一時的なケースでもあり、武器輸出三原則の例外事項としても問題はないと思われる。もうひとつの問題は、何故韓国軍が小銃弾の不足に陥ったかという点である。通常だと全く考えられない。このありえない韓国軍の不祥事を予見する話題がある。11月5日の韓国国会でチョ・ボグン国防省国防情報本部長は、『朝鮮南北のどちらが勝つかと問われば「米韓同盟の基で戦えばわれわれが圧勝するが、米軍を除き南北が一対一でやれば負ける」と明言した。つまり現在の韓国軍の実力はボロボロだと自ら認めたような発言をしている。おそらくウォン高もあり、国の予算そのものが火の車で、武器の予備、補修も実際は不十分なのが実態だと思われる。
そのためいつもは声高に「反日」を叫ぶ韓国政府が恥も外聞もなく、現地の緊急要請で日本に銃弾の提供をあくまで内緒で要請したと思われる。確かに国外に派遣した軍の銃弾が不足しているとは情けない話で、いま北朝鮮と戦ったらアメリカの支援がなければ間違いなくソウルは北に占領されてしまうだろう。


<韓国軍に小銃弾1万発提供のニュース by JNN>
http://news.tbs.co.jp/20131223/newseye/tbs_newseye2087381.html
[PR]
by tsune2514 | 2013-12-25 00:21 | 国際情勢

米高速道路安全保険協会2014型自動車安全性能の評価公表。日本車圧倒的高評価獲得。

今月19日、米国高速道路安全保険協会(IIHS)は、2014年型自動車の安全性能の評価性能を公表した。
その中で最高評価の「トップセーフティーピックプラス」の基準を満たしたのは全部で22車種で、その内16車種を日本企業が占めた。
製造企業別では6車種が入ったホンダが首位になるなど、日本企業が製造した車種の安全性能の高さが裏付けられるリポートとなった。
安全性能テストの内容は、衝突した場合の運転手らへの影響や車体強度などをテストしたほか、衝突事故を避ける技術も評価された。

b0022690_1855293.jpg

<耐衝撃及び正面衝突破壊防止性能共に最高評価のスバル・フォレスター(1車種のみ)>

[トップセーフティーピックプラス22車種]
小型車
 2014 Honda Civic 4-door
 2014 Mazda 3
 2014 Toyota Prius
中型車(普及価格車)
 2014 Ford Fusion
 2014 Honda Accord 2-door
 2014 Honda Accord 4-door
 2014 Mazda 6
 2014 Subaru Legacy
 2014 Subaru Outback
中型車(高級車)
 2014 Infiniti Q50
 2014 Lincoln MKZ
 2014 Volvo S60
大型高級車
 2014 Acura RLX
 2014 Volvo S80
小型 SUV
 2014 Mazda CX-5
 2014 Mitsubishi Outlander
 2014 Subaru Forester
中型 SUV
 2014 Toyota Highlander
中型高級SUV
 2014 Acura MDX
 2014 Mercedes M class
 2014 Volvo XC60
ミニバン
 2014 Honda Odyssey
-------------------------------
ちなみに正面衝突時の破壊防止評価で最高点の6を獲得したのは、スバル・レガシー、スバル・アウトバック、スバル・フォレスター、日産・インフィニティQ50の4機種のみでスバル車の安全性能の高さが光っている。

[IIHSの安全性能評価ウェブサイト:評価表はページ下部]
http://www.iihs.org/iihs/sr/statusreport/article/48/9/1
[IIHSによる安全性能テストの動画]
http://www.youtube.com/iihs
[PR]
by tsune2514 | 2013-12-23 19:01 | 政・経コラム

2013年有馬記念、オルフェーヴル何と8馬身差の圧勝で引退レースを優勝で飾る。

本日第58回有馬記念が中山競馬場で開催された。このレースが引退レースとなるクラシック3冠馬で圧倒的な1番人気に推されたオルフェーヴルは、2011年以来2度目の優勝を果たした。有馬記念2勝は史上6頭目で、これでオルフェーブルはG16勝となった。また騎乗した池添騎手、管理者の池江調教師はともに有馬記念3度目の勝利を獲得した。
復活が期待され2番人気に推されたゴールドシップは、今回はじめてブリンカーを使用。内田騎手から乗り替わったR.ムーア騎手は、いつもは最後方に待機するゴールドシップをスタートから押してオルフェーブルの前に出る積極策を取る。しかし4コーナからオルフェーブルとほとんど同時に追い出しをかけるが、瞬く間に引き離される。R.ムーア騎手は懸命にゴールドシップを追い続け、2着のウインバリアシオンに迫るが3着確保すのがやっとだった。

b0022690_2114145.jpg

              <優勝したオルフェーブル>

オルフェーブルはこのレースを最後に引退し、来春から種牡馬生活に入る。思い出に残るのはやはり2012年の凱旋門賞だろう。九分九厘凱旋門賞馬の栄誉手にするかに見えたが、最後の最後に取りこぼしたレースは末永く後世にで語り継がれることだろう。

[第58回有馬記念のレース映像]
http://www.youtube.com/watch?v=l6zcfqPFNWI
[2012年凱旋門賞のレースビデオ]
http://www.youtube.com/watch?v=WNbcbFAQqSY

[PR]
by tsune2514 | 2013-12-22 21:17 | スポーツコラム
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー