TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

オバマケア(医療改革法案)の正念場。米政府機関閉鎖か?

オバマ大統領が目指す医療改革法案、いわゆるオバマケアをめぐって今米国議会は待ったなしの決断を迫れている。
b0022690_20253179.jpg

<ホワイトハウスで民主党の有力議員らを前に、オバマケアの成果を語るオバマ大統領>

クリントン政権時代(1996年)以来17年ぶりに一部米政府機関が閉鎖に追い込まれる可能性が高まり、アメリカ経済のリスクが高まると予測した為替市場はドルを売り円を買う動きが強まった。このドル安円高の影響を受け、今日9月30日東京証券取引市場は、輸出関連株を中心に軒並み下がり、日経平均は週末比304円27銭安と大幅続落して取引を終えた。
米政府機関の閉鎖を回避できるかどうかの鍵はオバマケア法案を審議している米議会下院のベイナー議長(共和党)が握っている。ベイナー議長は政府機関の閉鎖を回避するか、政府の財政赤字削減のため、あくまでオバマケアへの反対を貫き通すかの板挟みになっている。
同議長は記者団に『上院の修正案を下院は受け入れないだろう。だがわれわれは政府機関の閉鎖を望んではいない」と語ったという。

しかしいつもながら米議会の動きをみていると日本の議会がいかにお粗末か知らされる。
米国の議会は行政府の長たる大統領に対し、対等に議論で 渡り合っている。また議論の行方も全て公開され、議員は何時間でも自分の主張を議会で演説できる。採決防止のための牛歩戦術もなければ、議論を動議で打ち切って強行採決することもない。
同じく民主主義国家を標榜していても日米ではその成熟度には大きな違いがある。総理を含めた多数党の極一部の政治家の一存で物事が全て決まり、与野党の議論のやり取りを詳細に国民が知ることはかなり難しい。
国民の目に実際に見えるのは体を張った肉弾戦のパフォーマンスだけという、日本の国会の情けなさはそろそろ卒業にしたいものだ。
[PR]
by tsune2514 | 2013-09-30 20:26 | 国際情勢

マンUホームで下位WBAに1-2で敗退。モイーズ監督解任間近か?

9月28日(現地時間)プレミアムリーグ第6節の試合が開催され、マンチェスター・ユナイテッドは前節下位に低迷していたウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンとホームで対戦し、1-2で敗退。プレミアムリーグ12位(暫定)まで落ちた。第6節の試合はあと3試合を残しており、この結果次第ではさらに順位が下がる可能性がある。
ユナイテッドにとって第5節のシティとの敗戦に続き2連敗となり、これは2シーズン振りのこと。まだリーグ開幕以来6戦目で既に3敗したことになり、昨年は年間5敗であったことを考えると異常事態と言って良い。
問題は明らかにモイーズ監督の采配にある。この試合香川真司選手は今シーズンリーグ戦初先発となり、
かなり良いパフォーマンスを見せた。前半34分には左サイドを突破した香川が、ピンポイントでゴール前のアンデルソンに距離のあるクロスを上げ、アンデルソンがヘディングシュートをするが、クロスバーを叩き、またオフサイドとも判定される。さらに38分にも香川がバイタルエリアでボールを受け、左足のシュートを放ったが、GKにキャッチされて得点とはならなかったが、前半は完全にユナイテッドが試合を支配していた。
ところがモイーズは後半開始早々に香川を18歳のヤヌザイと交代させる。前半の香川の動きからは全く理解できない交代劇で、ホームのサポータは、香川が前半で怪我でもしたのかと思った程である。
この試合でモイーズが香川選手を毛嫌いしていることが明白にななった。原因は想像するしかないが、これまでイングランド代表選手を重用してきた経緯、プレミアムリーグでエヴァートンを10年間率いてきた点を考えるといわゆる人種差別とまでは言わないが、彼にとっては香川は部外者と映るのかもしれない。
b0022690_13435987.jpg

    <敗色濃厚でベンチ最後方で引きこもるモイーズ監督>

しかしこれは監督にとってチームの勝利より個人的感情を優先することになり、致命的な欠陥になる。
ユナイテッドは米国の実業家グレーザー家が支配権を持っていて、かつニューヨーク証券取引所に上場している。下位に低迷していては株価にも影響する。今頃はチーム運営側に対しグレーザー家側からモイーズの去就について厳しい意見が寄せられていることだろう。
このモイーズの失態の責任は、厳しいようだが彼を後継者に選定した前監督のファーガソンにある。
ファーガソンの監督としての能力に疑いの余地はない。但し後継者選定の能力は監督業とは別であることも事実である。もし同じスコットランド・グラスゴーの同郷と言うのが主な理由で、安直に後継者に選定したとするならばファーガソンの晩節を汚すことになる。ファーガソン監督は退任後もユナイテッドのクラブ顧問として今もユナイテッドに強い影響力を持っている。
君子豹変するとも言う。ファーガソンが真の君子ならば、私は早急にモイーズを解任し後継監督が決まるまで自ら暫定監督としてユナイテッドを指揮すべきだし、そう遅くない時期にそうなるだろうと予想している。



[PR]
by tsune2514 | 2013-09-29 13:49 | スポーツコラム

「スバルレガシィ、アウトバック」米国保険団体中型車安全評価で最高点獲得!

今月27日、米国保険団体(IIHS)は、前面衝突予防性能・評価リポートの中型車・SUV部門で、富士重工業の「スバル・レガシィとスバルアウトバック」が、最高評価「スーペリア」に選ばれた7車種のなかで最も高い6ポイントを獲得したと発表した。
b0022690_18485322.jpg

              <スバルアウトバック>
最高-ポイントを獲得したスバルの車種は、独自の安全運転支援システム「アイサイト」を搭載した2013年型、2014年型モデル。
IIHSの前面衝突予防性能プログラムは、時速12マイル(20Km)と、時速25マイル(40km)走行時の自動ブレーキの減速機能、及び衝突警告機能を検証。評価ランクを上から「スーペリア」「アドバンスト」「ベーシック」の3段階に格付けする。
尚、スーペリアと評価され5ポイント獲得した車種は、キャデラックATSとSRX、メルセデス・ベンツC-クラス、ボルボS60、XC60の3メーカ5車種。
b0022690_18575081.png
<評価レポート>

[IIHSの評価結果リポートサイト(ページ後段)]
http://www.iihs.org/iihs/sr/statusreport/article/48/7/1

[IIHSによる突予防性能テスト映像]
http://www.youtube.com/watch?v=omHES8mqtW4&feature=c4-overview-vl&list=PL5RxiGTHpKTGB-J60ezyXDfw2xH623OSZ

ちなみに富士重工の米国法人スバルオブアメリカは8月1日、7月の新車販売が前年同月比は43%の大幅増で、20か月連続で前年実績を上回ったと発表している。

我々が思うより日本車の海外特に欧米での評価はスバルばかりでなく極めて高い。
旧聞になるが、トヨタがセルシオ(何故このプランド名を廃止したのか私にはいまだに疑問だが)を発売したとき、メルセデス・ベンツを製造するダイムラー社は、セルシオの走行中の静かさに驚嘆し、密かに数台購入して分解し、徹底的にその理由について調査したが結局解明することはできなかったという。そしてたまたまダイムラーに新車の試乗で招待されて来ていた自動車評論家の徳大寺有恒氏に、ダイムラーの幹部はこう語ったという。
『日本は我々より良い車を作る。だか幸いなことに日本人はこのことにまだ気づいていない』と。


[PR]
by tsune2514 | 2013-09-28 19:11 | 政・経コラム

安倍首相、国連で30億6千万ドル(3,060億円)の大盤振る舞い。

今月26日(日本時間27日未明)、安倍首相はニューヨークの国連総会で一般討論演説を行った。この演説の中で、シリア問題に触れ、『難民支援に6千万ドル(60億円)の追加支援をただち実施する』ことと、『紛争下で危険にさらされる女性の権利、身体を守る対策のため、今後3年間で30億ドル(約3,000億円)を超えるODAを実施する』と語った。
b0022690_20512268.jpg

       <国連で一般討論演説をする安倍総理>

どうして日本の政治家は外交で海外に行くと、国民の税金をあたかも自分のポケットマネーの如く、しかも、何百億、何千億円とポンポンと大盤振る舞いして、あたか大物政治家ぶったり、善行をしたかの如く振る舞うのであろう。
この金持ちの二世、三世の放蕩息子のような政治家(実際に政治家の二世、三世でもある)達が、1,200兆を超える国家財政の巨大な赤字を生み出してきた。
<リアルタイムの財政赤字金額>
http://www.kh-web.org/fin
そもそも国連常任理事国でもないにもかかわらず日本は、米国についで世界で2番目に多い国連分担金を拠出している。
<国別の国連分担金の拠出金額>
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kids/ranking/un.html

シリアを始め中東の問題は歴史的にも、地政学的にも欧米が関わっており、原則的には欧米諸国が当事者として解決すべき問題である。
自然災害の人道的支援は当然としても、政治的紛争問題に関しては、北朝鮮の拉致の問題等、日本が当事者として解決すべき問題こそ最優先で、人的及び金銭的支援を行うべきなのだ。
国際支援について例え話としてよく言われることだが、貧しい人に食糧支援としても、その時だけ飢えを満たすに過ぎないが、作物を育てる指導、及び現地の指導者を教育することで根本的に飢えの問題は解決すると。

安倍首相をはじめとする日本の政治家は、国民の税金が海外支援の最大のリソース(資源)だと考えている。
しかし日本にはお金以上の海外支援に極めて有効なリソースがある。
3.11の東日本大震災時の日本人の対応で、海外から私たちが普段考えもしない特別な評価を受けた。
あれだけの災害にもかかわらず、日本人は取り乱さない、商店の略奪もない、津波で流された5,700個もの金庫が警察に届けられ、23億円近い現金が持ち主に返された等々。
<金庫が持ち主に返さたことに驚く海外メディア>
http://www.youtube.com/watch?v=srFQfGY_jNA

日本人の資質に欧米は驚異の目で見ている。例えばサッカー代表監督のザッケローニ氏は、日本の都市の綺麗さを『神々しいほどだ』と感嘆している。
この日本人の資質と、江戸時代の寺子屋から続く教育が編み出した優れた社会制度こそ、日本の最大のリソースであることを、日本の政治家は再認識する必要がある。
もし3,000億円を、特定の分野のスキルはあるが、活かすと働き場所のない若年層、今後ますます増える退職世代を、海外支援のために派遣する費用として生かしたなら、どれほど現地の人々から評価され、世界を良い方向に変えることができるだろうと思えてならない。
<改善をテーマに日本の優れた習慣、制度を紹介するサウジアラビアのTV放送>
http://www.youtube.com/watch?v=NywhOc3FMfo


[PR]
by tsune2514 | 2013-09-27 21:12 | 政・経コラム

香川真司カップ戦に先発、リバプールに1-0で勝利。

今月25日(現地時間)、マンチェスター・ユナイテッドの香川真司選手は国内カップ戦の『キャピタル・ワン・カップ (プレミアムリーグ+下位リーグの計92チームが参加)」に先発出場、リバプールとホームで戦い1-0で勝利した。
今月22日のシティとのダービーマッチに1-4と完敗したユナイテッドは、22日に出場しなかったハビエル・エルナンデス、ナニビュットネルも香川とともに先発出場している。
一方、これまでプレミアムリーグでシティー、チェルシーとともに勝ち点10で並ぶ好調のリヴァプールは、10試合の出場停止が終わったルイス・スアレスが先発、そのほかはいつも通りのベストメンバーでユナイテッドとのアウェイの試合に臨んだ。
香川は左サイドで先発、前半は攻撃シーンに絡む場面もあったが決定的なシーンを演出する動きはなく、後半に入り徐々に動きに冴えが出てき、クロスバーをかすめるミドルシュートを放つなど同28分に退くまでピッチで確かな存在感を示した。
b0022690_2014055.jpg

      <香川真司とリバプールのジェラード>

この試合が動いたのは、後半に入ってまもなく左CKのチャンスを得たルーニーが中央に放りこみ、そのボールにエルナンデスが鋭く反応、ダイレクトボレーで鮮やかにゴール中央に叩き込んだ。
<ルーニーコーナキック、エルナンデスの得点シーン>
http://www.youtube.com/watch?v=A4sTtmgs7Xg

結局このゴールが決勝点となり、リバプールは3回線で敗退、ユナイテッドは10月31日に行われる4回戦に駒を進めることとなった。

試合後のインタビューでモイーズ監督は香川について、『彼はよくやった。試合中に徐々になれてき満足できるところも少しあったが、全体的には復帰の道半ばといったところだ、出場時間が少ないことについては、多くの人が話しているが、今日の試合を見た限りでは、フル出場するほど体調は戻っていないと思うだろう』
しかしこの監督は自分の采配ミスでシティーに1-4と完敗したことを棚に上げ、『全体的にはまだ復帰の道半ばといったところだ』とはよく言ったものだ。
オーエンがツイッターで、『自分が監督ならヤングに代わって香川を使う』と言い切った事は、リバプールに1-0で勝利した結果が雄弁に物語っている。
モイーズの言葉はそのままモイーズに、こう返したいものだ。『モイーズはユナイテッドを十分に指揮できるほどの能力は持ち得ていない。まだトップチームの監督としては道半ばといったところだ』と。


[PR]
by tsune2514 | 2013-09-26 20:29 | スポーツコラム

ヤンキース・イチロー今年もワールドシリーズに出場できず。

MLB(メジャーリーグベースボール)のシーズンも終わりに近づき、10月にはワールドシリーズの出場を目指しポストシーズンが開幕する。
イチロー選手が所属するニューヨーク・ヤンキースは現在東地区の3位と低迷し、ワイルドカード(同地区最高勝率の2位チームが出場)による出場も不可能になった。
ヤンキースがポストシーズンに参加できないのは、2008年以来5年振りとなる。
それにしてもイチロー選手はワールドシリーズに縁がない。
シアトルマリナーズに入団した年は、イチロー、佐々木 主浩両選手の活躍もあり、アメリカンリーグ西地区で一位になるが、リーグチャンピオンシップシリーズでヤンキースに敗れ、ワールドシリーズの出場を果たすことはできなかった。
その後シアトルマリナーズでの昨年までの10シーズンは下位に低迷し、ポストシーズンに出場することさえなかった。
そして昨年7月23日、同じリーグの東地区首位ニューヨークークヤンキースに電撃的移籍することになる。この年こそ、ア・リーグ最強チームのヤンキースで、ワールドシリーズ出場かと思われたが、リーグチャンピオンシリーズでデトロイト・タイガースに0-4で破られ、またしても世界一の舞台にたつことはなかった。
イチローが移籍したから今シーズン、ヤンキースが低迷したとは全く思えないが、オリックス時代の同僚だった田口荘選手は、カージナルスでワールドシリーズに出場、世界一が決まった瞬間フィールドに立っていた初の日本人選手となり、その後移籍したフィリーズでも出場こそできなかったがチームはワールドチャンピオンとなり、自身も2個目のチャンピオンリングを獲得している。
この田口選手の幸運と比べると、いささかイチロー選手はワールドシリーズにはツキがないようだ。

b0022690_2052792.jpg

<オバマ大統領とイチローの貴重なショット>


ただしメジャーリーガとしては今年日米通算4000本安打を達成し、今後も記録を伸ばしていくことは間違いない。
かつての巨人軍の両雄、長島茂雄と王貞治両選手のプレーを評して、『記憶に残る長島、記録を残す王』と言われるが、私はイチロー選手は、『記録を残すことで、人々の記憶に残ろう』としているように思えてならない。
b0022690_2055243.jpg

      <日米通算4000本安打達成でチームメートに祝福されるイチロー選手>

<下記はその時の動画(観客よりイチローコールが巻き起こる)>
http://www.youtube.com/watch?v=CndGtjchYkQ


[PR]
by tsune2514 | 2013-09-25 20:26 | スポーツコラム

香川真司がマンチェスターUを選択したのは正しかったのか?

9月22日(日本時間23日未明)イングランド・プレミアリーグ第5節が開催され、香川真司が所属するマンチェスター・Uは敵地エティハド・スタジアムでマンチェスター・Cとのダービーマッチに臨んだが、エースストライカーのファン・ベルシーを怪我で欠いたこともあり1-4で完敗した。
ユナイテッドの指揮官デビッド・モイーズは交代枠を2つ残したまま特に反撃への目立った采配はなく、後半はベンチでうずくまりシティの攻撃を見守るばかりだった。
b0022690_19283873.jpg

          <試合後半、ベンチでうずくまるモイーズ監督>

香川選手はこの試合も出場機会がなく、これでプレミアムリーグの試合では、開幕から5試合連続して全くピッチに立っていないことになる。
またユナイテッドも開幕から5戦目で2勝2敗1引きの勝ち点7を獲得したに過ぎず、8位と低迷している。
その2勝も、9位のスウォンジー、19位のクリスタル・Pという中位~下位のチームから獲得した勝利で、上位チームのリバプール、シティには敗退、かろうじてチェルシーと引き分けるという、非常に内容の悪い結果を残している。

<イングランドプレミアリーグ順位表>
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/eusoccer/england/2013/ranking

名将アレックス・ファーガソンの後を引き継いだデビッド・モイーズは、前シーズンまでプレミアリーグ中堅のエヴァートンFCを10年間率いてきたが、最高順位が5位と決して際立った結果を残しているわけではない。
ちなみにユナイテッド活躍していた元イングランド代表のマイケル・オーウェンはこの試合中にツイッターで、「自分がモイーズだったらヤングに代わって香川を使う」と言い切つている。
世界で最も人気の高いサッカークラブチームのユナイテッドが中位で低迷している状態は、サポータ、クラブ経営サイド双方にとって決して許されるものではなく、シーズン途中での監督解任も十分ありえると思われる。

香川真司選手はもちろんファーガソンの高い評価と同時に、ユナイテッドこそ世界で最も強いリーグの最も強いチームであると考えて移籍を決めたはずだ。
しかし現状、必ずしイングライド・プレミアムリーグそのものが唯一の世界最強リーグではなくなった。
近年のUEFA CLの結果を見れば、香川が一昨年まで所属していたドイツ・ブンデスリーガが台頭し、イングランド、スペイン、ドイツの3リーグが最強リーグ形成する三つ巴の争いとなってきている。
ちなみにここ5シーズンのUEFAチャンピオンリーグの優勝及び準優勝チームは、プレミアムリーグが3チーム、スペイン・リーガ・エスパニョーラが2、セリエAが1、ブンデスリーガが4チームとなっている。
ドイツの地元企業をメインとする支援、熱狂的かつ暖かい質の高いサポーター、セリエAのような八百長の黒い歴史などとも無縁な点など、ここしばらくはブンデスリーガの欧州サッカーリーグにおける存在感はますます高まるものと思われる。
その意味で、香川選手がドルトムントを離れユナイテッドを選択したのは、タラレバにはなるが賢明な選択だったかいささか疑問が残る。
モイーズ監督が香川選手を主力メンバーとして考えていないこと間違いないが、リーグ戦にこのまま出場できない状態がいつまでも続くとも思えない。ユナイテッドサポーターからも『何故香川を使わないのか』という声は日増しに高まっている。来年6月開催のブラジルWCも迫っているなか、香川選手がユナイテッドのトップ下として再び輝くことを願ってやまない。
[PR]
by tsune2514 | 2013-09-24 20:09 | スポーツコラム

ミスアメリカで初のインド系女性ニーナ・ダブルリさん優勝!

名門ミシガン大学で医学を学んでいるインド系アメリカ人の才媛ニーナ・ダブリルさん(24)は、今月15日ニュージャージー州アトランティックシティーで開かれたミス・アメリカの決勝大会に「ミス・ニューヨーク」として出場し見事優勝した。
b0022690_18215570.png

              <ミスアメリカ優勝の瞬間>


「ミス・アメリカ」コンテストでインド系女性の優勝は初めてで、多民族国家米国社会の懐の広さを示すとともに、ネット社会では「ミスアラブがミスアメリカに選ばれた」などと、人種差別ともとれる非難が起きている。
大会でインドの民族衣装を身にまとい、華麗なボリウッド・ダンス(インド映画に登場するダンスの総称)を披露した当のニーナ・ダブリンさんは、「私は、これを乗り越えなければなりません」と健気に語り、中傷に負けない決意を示している。
b0022690_18245424.png

           <ボリウッド・ダンスを披露するニーナ・ダブリンさん>


ダブルリさんの両親は移民として1981年にインドから米国ミズーリ州にやってき、その後ニューヨーク州シラキュースでダブルリさんを生んでいる。
彼女は産婦人科医の父親の影響を受け医学の道を志すことになり、現在は認知科学を専攻、医師を目指している。
アメリカ社会の人種差別問題はこれまでアフリカ系アメリカ人が中心だったが、スポーツ界、エンターティメント分野での世界的スターの出現、さらに政府要職にアフリカ系アメリカ人の就任(軍トップの統合参謀本部議長パウエル氏、アフリカ系女性初の国務長官ライス氏など)が相次ぎ、ついにはオバマ大統領の出現で、根幹の部分は解決されてきている。
しかし9.11の問題が未だ尾を引いていて、イスラム系には特に厳しい差別が厳然と存在しているようだ。
インド人の多くはヒンズー教徒だが、イスラム教徒も多数おり、数で言うとインドはインドネシア、パキスタンにつぐ世界第3位のイスラム教国である。
そのため、前述の『ミスアラブがミスアメリカに選ばれた』という非難が出る素地がアメリカ社会には存在しているようだ。
一方AFP(フランス通信)はじめとする欧米メディアは「米国の多様性の勝利」とも報じている。
ダブルリさんはネット上の中傷に対し、『私はいつも自分自身をまず米国人だと認識してきました』と語り、アラブ人との非難に対しきっぱりと自分の信念を表明している。
これは世界で最も平和で美しい国の一つである日本に生まれ、日本語を学び日本社会の恩恵を受けているにもかかわらず、日本国籍を選ばないのはともかく、日本を蔑む行動を撮り続ける一部の在日韓国・朝鮮人にぜひ聞かせたいものである。


<ミスアメリカ優勝の動画>
http://www.youtube.com/watch?v=hazv_wdOJIc



[PR]
by tsune2514 | 2013-09-23 18:44 | 時の人

上原浩治、レッドソックス地区優勝の胴上げ投手に!

日本時間9月21日、ボストンレッドソックスはホームグラウンドのフェンウェイパークでブルージェイズを6-3で破り、2007年以来6年ぶりとなるアメリカン・リーグ東地区での優勝を決めた。
この試合にクローザーとして出場した上原浩治投手(38)は、1回1/3を2安打無失点に封じ、今季20セーブ目を挙げるとともに、日本人メジャーリーガとして佐々木 主浩につぐ「胴上げ投手」となった。
レッドソックスは昨年地区最下位からのカンバックとなり、これにはシーズン後半27打者連続ノーヒットなどを達成した上原の大活躍が大いに貢献していることは間違いない。
アメリカのスポーツチャンネルESPN(ウォルト・ディズニー傘下)は上原投手について、『投球の74%がストライクで900球以上投げた投手で、こんな投手は2000年以降いない』とコメントしている。
MLB史上最高のクローザーとの呼び声も高く、このままレットソックスがアメリカン・リーグで優勝するとMVP及びサイヤング賞の獲得も夢ではないと思われる。
b0022690_15172225.png

                  <上原勝利の雄叫び>

b0022690_15163048.jpg

                <恒例のシャンパンファイト>


<レッドソックス地区優勝瞬間の映像(地元ファンから"コージ"コールが巻き起こる)>
https://www.youtube.com/watch?v=N1xw4swH4bo
<27打者連続ノーヒットを達成した上原の投球>
http://www.youtube.com/watch?v=X4htxDcGvOg




[PR]
by tsune2514 | 2013-09-22 15:42 | スポーツコラム

故JFKの長女、キャロライン・ケネディ氏駐日大使へ

今月19日、オバマ大統領より次期駐日大使に指名されたキャロライン・ケネディ氏は、上院の外交委員会で開かれた承認のための公聴会に出席した。
彼女はいまだに国民に人気の高い故ケネディ大統領の長女で、王室制度のない米国では謂わばケネディ家は貴族のような存在。
そのため通常は野党からは指名受託者にかなり厳しい質問も出るが、この度は民主党議員はもちろんのこと、共和党議員からも歓迎ムードにつつまれた和気あいあいの公聴会となった。
公聴会で彼女は、1978年に叔父の故ロバート・ケネディ(ケネディ大統領の弟で当時上院議員)と来日し、広島市を訪れ『深い影響を受けた』と語り、『日本以外の国に赴任したいとは思わない』と、駐日大使への意欲を強く訴えた。
b0022690_194759.jpg

            <故ケネディ大統領と子供時代のキャロライン>

あわせてケネディ大統領が、現職の大統領として初の訪日を希望していたことを明らかにし、『父の遺志を継ぎ、日米を結ぶ、強い絆を構築する役目を果たしたい』と意欲を見せた。
また懸案の尖閣諸島については、『日本の施政権下にあり、日米安全保障条約第5条の適用対象』とのアメリカ政府の立場を明確に主張した。
b0022690_1910742.jpg

      <米国議会上院外交委員会の公聴会に出席したキャロライン・ケネディ氏>

オバマ大統領が彼女を駐日大使に指名した理由の一つに、大統領選出馬の際、国民的人気の高いケネディ家の直系として強い支持を受けたこともあるが、やはり外交上特に対アジア政策で最大の友好国としての日本重視の姿勢を、駐日大使人事で国内外に具体的に意思表示した意味あいが大きいと思われる。

駐日大使の立場として、オバマ大統領にいつでも直接電話ができる親日家のキャロライン・ケネディ氏が、今後日米関係の良好な関係に強い影響を持つことは間違いない。
なお彼女は、上院外交委員会の承認が出次第、早ければ10月中にも日本に赴任する予定とのこと。
b0022690_19133511.jpg

              <オバマ大統領とキャロライン・ケネディ氏>



[PR]
by tsune2514 | 2013-09-21 19:24 | 国際情勢
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー