TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

オバマの選択

b0022690_23222141.jpg

http://www.barackobama.com/index.php

'08米大領選の民主党候補者指名を狙うオバマ上院議員。一時は大きく流れを引き寄せたが、ここにきてヒラリーの粘りにいささか手を焼き始めている。ヒラリーの支持層は白人の女性と低所得者層。
つまり初の女性大統領の誕生を願う女性達と、夫ビルクリントン大統領時代の古き良き時代の再現を夢見る貧困層が、根強いヒラリー信者という訳だ。

しかしイラク派兵とサブプライムローン問題に直面するアメリカにとって、2期8年間のブッシュ政権からの転換を図ることこそが、'08大統領の最大のテーマであることは間違いない。

その観点からすれば、共和党大統領候補のマケイン、民主党のヒラリー、オバマの3上院議員の中でただ一人、『イラク侵略戦争』開戦に反対票を投じたオバマ候補が、次期米大統領としての
資格を有するといっても過言ではない。
ジョン・F・ケネディーは、テレビという新しいメディアの力で、WASP(ホワイト、アングロサクソン、プロテスタント)しか大統領になれないというジンクスを打ち破り、初めてカトリック信者として大統領になった。
オバマもまたインターネットの草の根パワーで、初の有色人種の大統領となるだろう。

ケネディーは大統領就任演説で、国民に対しこう述べたという。
And so, my fellow Americans. . .ask not what your country can do for you. . .ask what you can do for your country. My fellow citizens of the world. . .ask not what America will do for you, but what together we can do for the Freedom of Man.
(あなたの国があなたに何をしてくれるのかを問いたもうな、あなたがあなたの国に何を何をなすことができるのか問いたまえ・・・・)

イラクで世界最大の軍事力による支配の限界を露呈し、もう一つのアメリカのパワーの源泉である世界基軸通貨としてのドルの威信に陰りが見えている現在、アメリカ国民は'08米大統領選で、歴史的岐路における重要な選択を迫られている。
単に初の女性大統領の誕生とか、現在の生活環境の改善という次元で判断していては、アメリカは確実に21世紀の歴史の中に埋没する。

今アメリカの有権者に求められているのは、次期大統領が、イラク侵略戦争の過ちを認め世界に謝罪することと、世界の平和実現と貧困の根絶に何をなしうるのかを、問いただすことだ。
[PR]
by tsune2514 | 2008-04-30 23:25 | 国際情勢
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30