TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

沢尻エリカはなぜ「ぶち切れ」たのか?

b0022690_2021490.jpg

沢尻エリカ所属事務所「スターダストプロモーション」が謝罪文を発表しても、いまだ騒動が冷めやらない。
9月29日、有楽町日劇2で行われた「クローズド・ノート」(行定勲監督)の初日舞台あいさつで沢尻エリカが切れまくっていた原因と、その背景を分析してみた。
当日の様子から、沢尻が切れた対象は同じ事務所所属の司会富永美樹であることは間違いない。
私は当日の沢尻エリカのファッション(衣装)について、何か指摘を受けたのではないかと勝手に想像している。
実は沢尻エリカは、これまで各地で行われた「クローズド・ノート完成披露試写会」では、かなりファッションとヘアー& メイクに力が入っていた。(つまりそれだけこの作品にかける思いが強かったとも言える)
9月13日、大阪・難波で行われた完成披露試写会(http://contents.oricon.co.jp/news/movie/48003/)では、大人の女性を感じさせるヘアー&メイクに、カチッとしたタイトな白シャツとサングラス、黒のパンツ姿という姿で登場している。
そして本番ともいえる公開初日の舞台挨拶では相当力が入ったのだろうクリスチャン ディオール新作ファッションに金髪のかつらを身につけ颯爽と登場したつもりだった。しかしこれは誰が見ても場違いのファッションだった。恐らくそのことを富永から指摘されたのでは、と想像してしまう。
その結果この舞台にかける意気込みを削がれてしまいマジ切れしてしまうことになったと思いたい。
しかしだからといって、自分の主演作の『完成披露試写会』をぶち壊すとは正気の沙汰でない。何か彼女自身にそこにいたる背景があるに違いないと考えてみた。
そしてその遠因となる背景が各地で先行して行われてきた『完成披露試写会』での沢尻の発言に表現されていたことに、私は気づいた。
彼女は「クローズド・ノート」における女優としての自分と行定勲監督との関係について、こう発言している。『監督と私の中で作り出したもの。監督の的確な指示を演技で返し、常にフェアでフラットな関係でした』と。http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2280939/2126830
これはつまり私女優沢尻エリカと行定勲監督は、「作品作りにおいて対等」だと言っていることに等しい。
これこそ思い上がりも甚だしい『噴飯もの』である。対等だと思い上がっているからこそ、その勘違いが昂じて、『この作品は自分のもの、ぶち壊そうと、どうしようと私の勝手』という状態に行き着く。こどもが親から買ってもらい、兄弟に手伝ってもらって完成したプラモデルを、何か気に入らない些細なことを注意されてぶち壊すのと同じ次元の話である。そんなことをしたら直ぐ、『そのお金は誰が出したの』、『自分一人で完成させたの』と、教育的指導をされてしまう。

女優と監督がフラットでフェアな訳が無い。作品はあくまでも監督のもの。あえて言えば本(シナリオ)若しくは原作があるならば、それらと監督の演出(ディレクション)があいまって作品が成立する。料理で言えば俳優は所詮素材に過ぎない。もちろん素材の良し悪しは当然ある。しかしいくら良い素材、たとえば獲りたての「関鯖」があったとしても、それが丸ごと皿に乗せられていては料理とは謂えない。熟練した料理人と優れたレシピーがあって、人ははじめて美味しくいただく事ができる。確かに食するのは新鮮な素材だ。映画でも画面に登場するはシナリオライターでも監督でもない。俳優であり、女優だ。
だからといって作品が自分のものだとは、勘違いも甚だしい。素材は黙って料理人に身をまかせるだけだ。それができないのであれば、その監督の作品には出演を断ればよい。その位の自己主張は、映画の一素材たる女優にも権利はある。
しかし繰り返しになるが、監督と女優とは決してフェアでフラットな関係ではない。
騒動の渦中にある沢尻エリカは、何時このことに気づくであろうか・・・・。
気づいたならば事務所がたとえ止めようと、マスコミの前で一言『私は思い上がっていました。この作品にかかわった自分以外のすべての皆様ごめんなさい』と謝罪するはずである。人前で謝罪する勇気さえ持てれば、この騒動自体はもともとたいした事ではないのだからすぐに批判の嵐も治まるだろう。デビュー当時は実に初々しい女の子だったのだから・・・。
[PR]
by tsune2514 | 2007-10-03 20:43 | 時の人

「かぐや」世界初! 11万kmの彼方から地球をハイビジョン撮影

JAXA(宇宙航空研究開発機構)とNHKによると、9月14日に種子島宇宙センターから打ち上げられた月周回衛星「かぐや(SELENE)」は、約11万kmの彼方から地球をハイビジョン撮影に成功した。この距離での宇宙からのハイビジョン撮影は世界初だという。(これまでの記録はスペースシャトル・国際宇宙ステーション(ISS)の軌道からの撮影で、距離は約340km)
b0022690_19213775.jpg

発表された画像には漆黒の宇宙にやや太目の三日月形の地球が、鮮やかなブルーに輝いている。昼間の部分には南アメリカ大陸の西海岸線も確認できることがよくわかる。
拡大画像

しかしこの美しく青く輝く宇宙のオアシス「地球号」の真下では、今現在もミャンマー・イラク始め、世界各地で赤い血が流されている事実を我々は忘れてはならない。
[PR]
by tsune2514 | 2007-10-02 19:26 | 宇宙開発

スターダストプロモーション謹製・「沢尻エリカ」の謝罪文

9月29日、東京(有楽町日劇2)で行われた「クローズド・ノート」(行定勲監督)の初日舞台あいさつに、金髪のカツラ、右肩を露出した緑色のヒョウ柄ワンピース姿という出で立ちで登場した沢尻エリカ。同じ事務所所属で当日司会をしていた元フジテレビアナウンサー富永美樹の『一番思い入れのあるシーンは』という問いかけにも、「特にないです」と一瞥。主演女優が僅か数秒しか話さないという異例の舞台あいさつとなった。

この報道がなされると、本人及び所属事務所のサイトへアクセスが集中。まもなく閲覧不能の状態に陥った。(現在もこの状態が続いている)
当初は荒手のプロモーションかとも思ったが、どうやら本当に「切れていた」ようだ。
当日の彼女の視線は司会の富永に向けられていたので、彼女との間に開会前に何かがあったことを思わせる。

そしてあまりの反響で、この映画の興行また沢尻エリカの女優人生にも影響すると考えてのことだと思うが、本日(10月2日)、自身のホームページで以下のような謝罪文が発表された。  
b0022690_14474472.jpg

だがこれは紛れも無く所属事務所(スターダストプロモーション)が書いたもの。
本文中の(私)を[沢尻エリカ]、(取る)を[取らせる]、(自分)を[本人]、そして(沢尻エリカ)の謝罪文ではなく所属事務所[スターダストプロモーション]のとするとよくわかる。
これでは事態がますます沢尻エリカに不利に働く。この事態を収拾するためには、拙くとも本人の肉声、肉筆で語らせることだ。

この「沢尻エリカ騒動」と所属事務所の関係は何かと非常に良く似ている。そう「安倍前総理」と「自民党」の関係だ。危機管理が全くできていない点では瓜二つといえる。
とは言っても今回のことは所詮やんちゃな一女優 (個人的には歯並びが気になって決して魅力的とは思えない) の問題にすぎないが、安倍政権の一年間は政治の空白という表現をはるかに超えた「真空」時代というべき代物だった。そしてこの代償を、結局政権交代という形で自民党は払うことになるだろう。

以下「沢尻エリカ」の謝罪文。[ ]は筆者挿入文です。
---------------------------------------------------------------------------------------
先日の舞台挨拶での[沢尻エリカ](私)の発言で、関係各位の皆様には、
多大なご迷惑をおかけした事をお詫び申し上げます。

諸悪の根源は全て[沢尻エリカ](私)にあるもので、それを踏まえた上で、
責任を[取らせる](取る)考えです。

そしてなにより今回の一件で、多くのファンの皆様を失望させて
しまった事は、明らかに[沢尻エリカ](私)のファンへの裏切りです。

女優として、表に出て表現する人間として、プロとして、
あってはならない事で、そして人として、まだまだ未熟だった
ゆえの事だと思います。

今回の事は、[本人](自分)なりに受け止めています、失った物もあり
ますが、この経験を通して学べた事もあります。

謝罪して終わりになる事ではないですが、これから皆様に
すこしでも何かを返せていけたらと思っています。

これから改めて[本人](自分)と向き合って考えていきます。
本当に申し訳ございませんでした。
[株式会社スターダストプロモーション]
                       (沢尻エリカ)
[PR]
by tsune2514 | 2007-10-02 14:52 | 時の人
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31