TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

福田首相11月訪米検討。対米参勤交代復活!

b0022690_221579.jpg

福田内閣

読売新聞によると、「福田首相は11月に訪米し、ブッシュ大統領との首脳会談を検討している」ことが分かった。目的は11月1日の『テロ対策特別措置法』の期限切れで、インド洋上での海上自衛隊による給油活動の中断が避けられないことを米政府に伝えるためだ。

これまで自民党政府は新総理が誕生する度に、就任後初の外遊先として米国政府への就任挨拶に出向くことを慣例としてきた。いわば江戸時代における地方藩主の参勤交代の如くである。
 前任者の安倍はその慣例を破り、小泉総理の靖国参拝で政治的緊張感の高まっていた中国、韓国の訪問を最初の外遊先に選んだ。そしてなぜか米国政府への訪問にはなかなか行こうとしなかった。これが安倍流の「戦後レジームからの脱却」の表現だったのだろう。
安倍の本質は確かに右翼がかった学生気分のぼんぼんだったが、北朝鮮に対し日本政府が取り得る最大限の圧力を行使したことと、米政府への参勤交代を由としなかった点は、数少ない私が評価できる点である。
 
それにしても何時になったら日本政府は、アメリカとの主従関係の呪縛から逃れることができるのであろうか。
アジアの小国フィリピンでさえ、1991年にアメリカとの安保条約を破棄し、翌年アメリカ軍の撤退が完了、植民地時代を経て約100年間に渡るアメリカからの支配を完全に脱することになった。
 
こんな喩え話がある。「象は生まれた時から太い杭に鎖で繋いでおけば、逃げようとしても杭を抜くことができず、あきらめてしまう。それ以降大人になっても、小さな杭に鎖で繋がれているだけで逃ようとはしなくなる」と。

世界第二位の経済大国日本は、戦後62年になるが安全保障に関してはいまだアメリカの従属下にある。
未来への創造力がEUを生み出したように、日本の政治家にも国創りのグランドデザインがあるならば日本の安全保障の選択肢として、日・中・韓・豪・米を取り込んだ『東アジア広域安全保障体制』を組むこともできるはずだ。

時期民主党政権には是非日米機軸という鎖から脱した、よりグローバルな視点を見据えた安全保障政策を実施してほしいものだ。
[PR]
by tsune2514 | 2007-09-26 21:25 | 政・経コラム

速報! 自民党最後の「据え置き内閣誕生」

 
b0022690_20273765.jpg

閣僚名簿を発表する町村新官房長官

福田新内閣が本日9月25日誕生した。
前安倍内閣の閣僚のうち、13人が再任で、2人が新任、2人が横滑りとなった。
前日幹事長に就任した伊吹前文科相以外では、与謝野官房長官だけが閣外に去ることになり、福田新内閣は、実質安倍内閣の「据え置き内閣」となった。
福田総理は、本格内閣をは総選挙後に予定しているのだろうが、この内閣が自民党最後の内 閣になることは間違いない。結局設立後半世紀の歴史を持つ自民党は、小泉・安倍と続いた 世襲総理による「ハッタリ政権」と心中することになる。

 総理 福田康夫(新任)
 総務 増田寛也(再任)
 法務 鳩山邦夫(再任)
 外務 高村正彦(横滑り)
 財務 額賀福志郎(再任)
 文部科学 渡海紀三朗(新任)
 厚生労働 舛添要一(再任)
 農林水産 若林正俊(再任)
 経済産業 甘利明(再任)
 国土交通 冬柴鉄三(再任)
 環境 鴨下一郎(再任)
 防衛 石破茂(新任)
 官房 町村信孝(横滑り)
 国家公安 泉信也(再任)
 沖縄・北方、科学技術 岸田文雄(再任)
 金融、行革 渡辺喜美(再任)
 経済財政 大田弘子(再任)
 少子化、男女共同参画 上川陽子(再任)
[PR]
by tsune2514 | 2007-09-25 20:33 | 政・経コラム

麻生幹事長は総裁選を辞退し、新総理を国連に行かせるべきだ。

b0022690_17105944.jpg
与謝野馨官房長官は本日(14日)、9月24日に開かれる温暖化防止に向けた『国連首脳級会合』と25日からの『国連総会』に次期首相の出席が困難だと述べた。

当初自民党総裁選は19日に投開票が行われるはずだった。そして新総裁選出後直ちに国会で首班指名と組閣、そして新総理が国連総会へ出席し日本の姿勢を世界にアピールするという段取りだった。だが麻生幹事長の思惑(短期間で自身への支持を取り付ける)に気づいた小泉チルドレンが暴れだし、結局総裁選投開票は23日に延長になった。
しかしもはや事実上の総裁選は終了している。9派閥の内7派閥が福田支持を決め、麻生派以外では小派閥の高村派だけが態度未定の状態にすぎない。都道府県連の票を争うまでもなく、現時点の国会議員票だけで福田支持は半数(264)を超える見通しとなり、『福田総裁』誕生はゆるぎないものとなっている。小泉チルドレンが小池前防衛相でも担ぐのならまだしも、明日15日の立候補締め切り以降の「福田と麻生の一騎打ち」は、茶番劇にもならないだらだらした政治空白の延長にすぎないものになる。
この状態が続くなら世論は総裁選への関心を失い、むしろ中断している国会審議を早く再開せよという雰囲気になり、ますます自民党に非難が集中してくる。

麻生が自民党幹事長として、少しでも参院選敗退後の事実上の政治空白について責任を感じるのであるならば、ここは福田にエールを送り潔く総裁選を辞退すべきだろう。
小沢も、安倍のお粗末な辞任劇で損なわれた日本の国際的威信を取り戻すべく、早期の新総理選出と国会の再開を自民党に提言し、『是非新総理に国連総会に出席してもらいたい』と、党派の利害を超えたエールを送るべきだ。そうした大人の対応こそが、国民の民主党次期政権への期待感・信頼感を高めることになる。
反対すべき事はぶれずに反対する。しかし国家的非常時に際しては、協力すべきは協力する。小沢には是非、このような硬軟織り交ぜた、柔軟な指導者像を国民に見せて欲しいものだ。
[PR]
by tsune2514 | 2007-09-14 17:11 | 政・経コラム

速報! 福田総裁誕生の見通し。

b0022690_19544815.jpg

自民党総務会 党3役

安倍後継総裁は、福田元官房長官が出馬の意志を固め、新総裁に選出される見通しが強まった。
自民党は今日(13日)の臨時総務会で、総裁選の日程について14日告示、15日立候補受け付け、23日投開票と決めた。
肝心の有力候補の動向だが、福田元官房長官に対してはすでに古賀、山崎、谷垣各派の幹部が出馬要請をしており、福田氏自ら本日午後、党本部で自派会長の町村外相と会談し、総裁選への対応を協議した。
福田氏が出馬する場合、谷垣元財務長官は福田支持に回る見通しで、党内最大派閥の町村派の他、古賀、山崎、谷垣各派の全面的な支援が決まればそのまま総裁に選出されることが確実となった。
このほか津島派からは額賀財務大臣が出馬の意欲を見せているが、全党的な支援の広がりはない。
当初最有力候補だったお調子者の世襲議員麻生幹事長は、参院選敗北後いち早く安倍総理に続投を進言、結局野垂れ死にさせた張本人として党内から嫌われたことが、彼にとって最悪の結果を招いてしまったようだ。もともと小派閥の領袖。安倍と行動を共にするという大義名分で、不出馬の可能性さえ出てきた。

ただプリンスといわれた「福田赳夫元総理」の長男福田康夫総理の誕生は、小泉・安倍と続く世襲議員による総理大臣の系譜にすぎず、すでに今の自民党が国民の目線を意識したサプライズ人事を起こす気概を喪失していることを物語っている。

福田総理の誕生で、安倍総理の退陣がもたらした混乱はいっとき収まるだろうが、自民党所属国会議員は、福田が自民党にとって最後の総理の誕生となることを覚悟しなければならないだろう。
[PR]
by tsune2514 | 2007-09-13 19:33 | 政・経コラム

速報! 自民党安倍後継総裁今月19日選出。

b0022690_18144877.jpg

安倍総理辞任記者会見

自民党は安倍総理の後継を選ぶ総裁選挙を、今月14日告示、19日に両院議員総会で選出する。

安倍総理の突然の辞任により早急に後継総理・総裁を選出する必要に迫られた自民党は、国会議員と自民党の地方組織の代表による総裁選挙を行う方向で調整することになった。
有力候補は麻生幹事長、谷垣元財務大臣、福田元官房長官だが、参議院選敗北直後、森前総理
青木前参議院会長、中川前幹事長の間では福田総理実現でまとまっていたという。
その流れをつぶしたのが麻生現幹事長だった。ここに至っては麻生が安倍を野垂れ死にさせた罪は重い。党内的に見ても精々14,5人程度の小派閥の領袖であり、安倍に後継総裁を指名する力は全くないいま、麻生総理の芽は完全に潰れたと言ってよい。

現時点で後継総裁を予測するなら、今後自民党が小泉・安倍の「格差増長路線」からの政策転換を鮮明にするためには福田が一番後継総理のポストに近い位置にいると思われる。
ただし解散総選挙の流れは安倍辞任で急速に強まり、早晩民主党政権が誕生することは間違いない。
[PR]
by tsune2514 | 2007-09-12 17:52 | 政・経コラム

速報! ついに観念、安倍総理退陣へ。

b0022690_13414994.jpg

APECでの安倍総理

安倍総理は本日(9月12日)午前、自民党幹部に対し総理辞任を伝えた。
今日は午後1時から衆院本会議で代表質問が予定されていたが、
「私は辞任するので、代表質問に答えるわけにはいかない」と伝えたという。

国会論戦に耐えられないと判断したのだろう。まさに野垂れ死に。国会は新総理が選出されるまで
実施審議はストップせざる得ない。まさに無責任の極み。ここまで安倍内閣を放置した自民党の責任は限りなく大きい。安倍続投をいち早く進言し幹事長に収まり、次の総理の座を狙った麻生はA級戦犯といえる。当然自民党三役も辞職に追い込まれる。麻生の総理の目は完全になくなった。
恐らく福田の線で根回しが進むものと思われる。

安倍は午後2時から記者会見し、正式に表明する予定になっている。
[PR]
by tsune2514 | 2007-09-12 13:34 | 政・経コラム

小沢民主、自民に参院予算委員長ポスト譲る。

b0022690_21405016.jpg
小沢民主党は焦点となっていた参議院予算委員長のポストを自民党に譲ることになった。
自民党が、予算委員長以外のポストを民主の希望通り受け入れることで妥協を図ったことになる。
この結果参院民主党は外交防衛、厚生労働、農林水産、経済産業、決算、総務の各委員長ポストを自民党から譲り受け、自民党は予算、文部科学の2ポストを今まで通り維持、内閣、国土交通などを民主党から譲り受けた。

しかし豪腕小沢もずいぶん焼きが回ってきたようだ。何故全ての委員長ポストを取らないのだろうか。アメリカの上下議会は多数党が全ての委員長ポストを占める。確かに従来の議会慣行は大事にしなければならない。しかし安倍政権こそが民意に反し政権に居座るという最大の慣行違反をしている。ならば小沢は『安倍政権が民意に即して退陣、若しくは解散総選挙を選択しない限り、民主党は従来の慣行にとらわれず、新しい議会ルールを実現する』と宣言すればよいだけだ。

安倍政権を人質にとり、退陣するならば従来の慣行に従い議席数に応じて委員長ポストを配分する(それでも予算委員長ポストは取るべきだが)。そうでないなら本会議で現在の自民党委員長の解任決議案を上程してでも、全てのポストを参議院多数党の民主党他社民・国民新党で委員長ポストを独占すると脅しをかければよい。

民主党はかつて菅代表のとき『金融国会(1998年7月から10月の臨時国会)を政局にしない』と宣言し、結局政権を取ることができなかった。
何故小沢はこんな重要な歴史的分岐点で、崩壊寸前の自民党に妥協するのか。全く理解に苦しむ。この妥協は結局、民主党政権を期待する『民意』を欺くことになる。
仮に今政局の魔術師小泉が民主党党首なら、間違いなく参議院の委員長ポストを独占するに違いない。小泉が参院選後に武部元幹事長に言ったという『自民党はこの敗北に耐えられるか。民主党はこの勝利に耐えられるか』という言葉が蘇ってくる。
民意の実現のためには、権力の行使に臆病になってはいけない。小沢は何を恐れているのだろうか? 
今こそ民主党は政権政党として、その任に耐えられるかが試されている。
[PR]
by tsune2514 | 2007-09-07 21:47 | 政・経コラム

速報! 民主党ネクスト内閣

ネクスト総理大臣 小沢 一郎
ネクスト副総理大臣 菅 直人    輿石 東
ネクスト国務大臣 鳩山 由紀夫
ネクスト官房長官 直嶋 正行

            (大臣)      (副大臣)       
ネクスト総務大臣 原口 一博    黄川田徹 内藤正光
ネクスト外務大臣 鉢呂 吉雄    武正公一 犬塚直史
ネクスト防衛大臣 浅尾 慶一郎   山口 壯 藤田幸久
ネクスト内閣府担当大臣 松井孝治 吉良州司 山根隆治
ネクスト財務大臣 中川 正春 松野頼久 辻 泰弘
ネクスト金融担当大臣(経済財政担当)
大畠 章宏 平岡秀夫 大久保勉

ネクスト厚生労働大臣 山田 正彦 山井和則 谷 博之
ネクスト年金担当大臣 長妻 昭 蓮 舫
ネクスト経済産業大臣 増子 輝彦 大島 敦 藤原正司
ネクスト法務大臣 細川 律夫 加藤公一 松岡 徹
ネクスト文部科学大臣 小宮山洋子 牧 義夫 林久美子
ネクスト子ども・男女共同参画担当大臣
  神本 美恵子 西村智奈美 嶋田智哉子

ネクスト農林水産大臣 筒井 信隆 細野豪志 主濱 了
ネクスト国土交通大臣 長浜 博行 後藤 斎 大江康弘
ネクスト環境大臣  岡崎 トミ子 伴野 豊 ルネンマルテイ
ネクスト官房副長官 長妻 昭(年金担当大臣兼) 福山 哲郎
[PR]
by tsune2514 | 2007-09-05 18:07 | 政・経コラム

民主党はただちに安倍政権へ「問責決議」を

『無理が通れば道理が引っ込む』ということわざがある。

今の安倍政権は、まさにこれに該当する。
20歳以上の国民がこぞって直接参加した(棄権は白紙委任と判断できる)国政選挙で、実質的に安倍内閣の不信任という民意が示されたのにもかかわらず、居直り続けて、内閣改造という小手先で批判の矛先を変えようとした安倍内閣。
やはり政界の常識から外れることをしても、いつまでも非常識は通用しない。
安倍内閣の鬼門とも言うべき農水大臣がまたもや辞任に追い込まれた。
b0022690_1617188.jpg

遠藤農水相の辞任会見


安倍総理は『政策は国民から否定されていない』と強弁しているが、今回の参院選の結果は政策以前の、総理としての資質、人間的器(うつわ)について疑念が呈されていることに気づかなければならない。むしろ指導者としての資質は評価されながらも、政策が否定されているケースなら単に政策転換すればそれで解決する。
しかし指導者としての資質そのものが否定されている以上、その職に留まることはできない。道理を通すためには、内閣総辞職しか道は残されてない。

指導者の基本的な資質として3つあげるとするならば、職務遂行に必要な豊かな『経験』、政策課題を解決する明晰な頭脳、そしてどのような政治を行うかという崇高な『志』が求められる。

世襲3世の安倍は、小泉政権で幹事長に抜擢されはじめて政治の表舞台に登場した。その後小泉政権の官房長官に登用され、後継総理としての地位を得ることになった。だがそれまでいずれかの省庁の大臣として、何か一つでも実績を上げたかと言うとそんな経験はない。
 過去歴代の自民党出身の総理大臣で、省庁の大臣経験がなく総理になったのは安倍だけである。
民間経験も学卒後神戸製鋼の3年間だけで、その後は父安倍晋太郎の秘書を勤めている。
これでは民間経験もたかがしれている。

頭脳に関しては田中真紀子が安倍の小学生時代(4、5年生)家庭教師をした平沢衆議院議員の言葉として紹介している、『頭が悪くて勉強が嫌いで口が軽くて。コネでもなんかすれば慶大くらい入れるだろうと思ったら、それもダメだった』との言葉に全て言い尽くされている。
父安倍晋太郎、祖父の安倍寛(父方:衆議院議員)、岸信介(母方:元総理)、大叔父の佐藤栄作(元総理)と周りを東大卒で囲まれ、小学校から東大生を家庭教師につけられるという恵まれた教育環境でそだてられながらも、安倍は小中高大と受験勉強をすることもなく成蹊学園をエスカレートで育ってきた。
また安倍総理には残念ながら子供がいない。そのことは個人の問題で非難すべきことでもないが、教育問題を語るには人間としての経歴上まだまだ半人前であることは否めない。
テレビタックルでの 田嶋 陽子氏の議論を聞いていても、やはりどこか学生ぽい青臭さを感じるが、安倍の『戦後レジームからの脱却』にも同じ傾向を感じてしまう。
彼の政治家としての志の原点は、A級戦犯でもある祖父の岸信介にあることは言うまでもない。
安倍の戦後レジームからの脱却というスローガン、靖国へのこだわり、東京裁判への批判は、「A級戦犯」と烙印を押された祖父岸信介の名誉回復に対する安倍の個人的思いを強く感ずる。

政治家として拙い経験しかなく、魯鈍で、社会人として半人前のこんな安倍を総理と仰がなければならない国民はたまったものではない。
総理になる前は『総理になっても靖国を参拝する』と明言し、なったらなったで『行くか、行かないかは言わない』とだんまりを決め込む。すでに外交問題になっている以上、一国の総理として「行く、行かない」の明確な根拠を、内外に自らの言葉で説明しなければならない。
メーカーは確かな技術が命であると同様、政治家は明確な「言葉」こそもっとも大事にしなければならない。朝青龍が職場放棄なら、近隣諸国との外交課題について立場を明確に説明できない安倍も同様に職務放棄なのだ。

いずれにしても民意を反映していない国の指導者は、対外的に見ても外交的立場は非常に弱く、それこそ国益を損なう事になりかねない。
いまこそ参議院第一党の民主党は責任野党として、一刻も早く参院での「安倍内閣問責決議」と、衆議院での内閣不信任案を提出しなければならない。民主党が民意に基づいた議会運営を標榜するなら、安倍政権に対し取るべき権力を行使しないのは議会人として人心に離反する行為であり、「不作為」のそしりを免れることは出来ないだろう。
[PR]
by tsune2514 | 2007-09-03 16:18 | 政・経コラム
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30