TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

モロゾフ・マジック炸裂! 荒川に続き、「エヘヘブヒー」の安藤美姫まで再生。

『トリノで不満言ってた人たちを演技で見返そうと思ってた。それを今日 証明した。』

米コネティカット州ハートフォードで開催されたGPシリーズ第1戦に優勝した安藤美姫は、トリノ五輪15位という屈辱を晴らすかのようにこう豪語した。
しかしこの復活劇には、荒川静香にアジア初のオリンピック金メダルをもたらした「ロシア人振付師」ニコライ・モロゾフの存在がある。
GPシリーズ第1戦の安藤美姫は5kgのダイエットにも成功、トリノとは全く別人だった。浅田真央のようなフェミニンで洗練された優雅さはないが、野性味あふれた力強い演技で、フリーの締めくくりでは最後に両手を突き上げて勝利をアッピールするパフォーマンスさえ見せた。

あのトリノ15位という惨敗で批判を浴びた、殆ど不良債権のようだった安藤をここまで再生したニコライ・モロゾフ、恐るべしである。
b0022690_22105297.jpg

一方日本女子フィギュアーのエース浅田真央は、ショートプログラムこそ完璧な演技で自己ベストを出したものの、フリーではトリプルアクセルに失敗。結局キミー・マイズナー(米国)にも抜かれ3位に終わった。

浅田真央もショートプログラムでは振付師としてモロゾフの指導を受けている。ただフリーは昨シーズのプログラム「くるみ割り人形」を振付けたローリー・ニコルの指導を受けた。このショートプログラムとフリーの振付師の違いによる演技の微妙な変化が、フリーでの失敗につながった可能性がある様に思えてならない。
ショートプログラムは音楽、衣装を含めこれまでのベストの演技で、少しだけ大人になった新生浅田真央を表現していただけに、フリーの不可思議な変調(コスチュームも今ひとつだった)は見ている側からも納得の行かない演技だった。
ローリー・ニコルはミシェル・クワンを初の世界チャンピオンにしたことで有名になった振付師。クワンの他にはキミー・マイズナー、日本の村主も指導している。
モロゾフもニコルも実績のある振付師であることは間違いない。ただ2日間でショートプログラムとフリーの演技をこなす場合、振付師によるタッチの違いを演じ分けることは想像以上に目に見えない無用な負担を選手に負わすのかもしれない。
どちらの振付師を選択するにしろ、一つの大会のプログラムはショート、フリーとも同じ振付師に依頼するのが賢明と思われる。

今回3位という結果に関わらず、GPシリーズ第1戦のベストプレーは、浅田真央のショートプログラムであることは言うまでも無い。

浅田真央は16歳にして、既に完成の域に達してしまったようだ。
[PR]
by tsune2514 | 2006-10-30 22:11 | スポーツコラム

女子バレー「柳本ジャパン」のボトムネック

日本バレーボール協会は28日、世界選手権(10月31日開幕)女子代表として12人のメンバー(竹下、菅山、宝来、高橋みゆき、杉山、荒木、木村、小山、落合、高橋翠、井野、石川)を発表した。就任4年目、柳本監督は1978年以来7大会ぶりのメダル獲得をめざすことになる。
b0022690_22143632.jpg

柳本ジャパンは、8月~9月に行われたワールドグランプリにおいて予選・決勝を通じブラジル・ロシア・イタリア・中国には全く歯が立たず6位に終わった。結局現在の世界ランク7位という実力に見合った結果しか出せなかったことになる。

はたしてブラジル・ロシアという強豪チームに勝ち抜くため、今の柳本ジャパンには一体何が欠けているのか? 問題は監督にあるのか、選手か? 選手に問題があるとするならば、それは日本女子バレーのボトムネックは何か?という問題になる。私は一つに絞るなら、結論としてセッターの問題だろうと思う。
メディアでは現在のセッター竹下を「世界一のセッター」と煽っているが、果たしてそうであろうか? 確かに「頑張りやさん」という観点からは世界一かもしれない。しかし竹下の最大の弱点は身長159cmという「低さ」にある。其の弱点をカバーするため柳本監督は木村沙織を第二のセッターに育てようとしているが、うまく機能しているとはとても思えない。木村沙織はスパイカーとしては非凡な才能を持っていると思うが、決して器用な選手ではない。竹下は余りにも高さが無いため、「2アタック」がライバルチームのセッターに比べて極端に少なく(ワールドグランプリ全9試合でスパイクポイント5)、また又当然ブロックも期待が出来ない(同じく9試合でブロックポイント0)。

竹下のファイトあふれるプレーはレシーブにこそ生きると思うが、敵を欺くクレーバなトスワークが求められるセッターは、試合展開・相手の動きを分析する冷静なマインドが求められる。正真正銘世界一のセッターだった中田久美と比べるのは余りにもかわいそうかもしれないが、日本が現状から脱するためには、ある程度の高さがあり(少なくとも170cm以上)、良い意味で狡賢くクレイバーなセッターが必須条件となる。
竹下のトスワークは概して単調で、調子の良いアタッカーを連続して使うという癖がある。これでは相手に読まれてしまう。竹下はスーパーレシーバ(リベロ)兼サブ・セッターとして大胆にコンバートする事が現状のチームにとってベストの選択だと考える。

それでは新しいセッターは誰が相応しいのか。現在のメンバーから敢えて選択するならば、チームリーダーとしての資質、海外でのプレーに挑戦するという勇気、スパイク・サーブにおいても常に工夫を怠らない類まれなバレーボールへの情熱の持ち主、「高橋みゆき」がベストと考えている。

柳本監督が現状のままで選手全体のレベルアップを図っても、五十歩百歩におわるだろう。こちらが進歩しても相手も同じくそれ以上に進歩してしまう。劇的に現状を変えようとするなら、何らかの「イノベーション」が必要となる。それが出来ないのなら、究極の選択、トップ(監督)交代しかない。

ワールドグランプリの決勝リーグで対戦したブラジルチームのメンバーを見て、日本のメンバーとの明らかな違いを一つ発見した。彼女らは一人残らず、一本でも髪の毛が顔にかからないよう、固くポニーテールに髪を結っていた。おそらくこれは試合中髪が乱れて僅かでも視界をさえぎることがないよう、又乱れた髪を気にして集中力を乱さないよう監督が指示していたのだろうと思う。些細なことのように見えるが、ブラジルが何故世界一であるか其の一端を見た気がする。

まさか柳本監督が、東洋の魔女を率いた「大松監督」のようなスパルタ指導だけで、メダルが取れると信じているとは思いたくないものだ。
[PR]
by tsune2514 | 2006-10-30 08:30 | スポーツコラム

自然児・新庄の日本シリーズと、「俺流」落合の驕り。

共に約半世紀ぶりの日本一を目指した今年の日本シリーズは、自然児・新庄「北海道日本ハムファイターズ」が4-1で勝負師・落合「中日ドラゴンズ」を圧倒した。
b0022690_8294843.jpg

日本シリーズ開始前、落合監督はマスコミに対し、「自信?あるよ。一昨年とはまったく違う。大丈夫今年は勝つから」と大言壮語していた。又新庄に対しては、「選手としてのレベルは知れている。マークする程の選手じゃない」とも言い切っていた。

これらの発言が日ハムの選手に届いていてたかどうかわからないが、「今年は勝つ」と言う自信はともかく、新庄に対するコメントは頂けない。今年はパリーグ1位通過の日ハムがプレーオフでも勝ち上がり、真のチャンピオン同士の日本シリーズとなった。(2004,2005年1位通過のホークスはプレーオフで敗退)
其の対戦相手の選手に対し見下したような発言は、「俺流」落合の驕りに他ならない。少なくとも1年間戦い続けたチャンピオンチームの選手に対しては、成績如何に関わらず敬意を持たなければ失礼であり、スポーツマンシップにもとる態度といえる。

確かに新庄の打撃成績は、打率0.257(パ27位)、本塁打16(パ12位)、打点62(パ12位) と平凡な数字が並ぶ。しかし新庄は、得点圏(108打数/全477打席)で本塁打7本、打点45という勝負強さと、外野守備の要という攻撃、守備両面で必要不可欠な「触媒」的存在感を示し続けてきた。何よりシーズン当初の『今シーズ限りでの引退宣言』以来、「日ハム」快進撃の精神的支柱であったことは間違いのない事実である。

1989年の日本シリーズ第3戦の勝ち投手近鉄加藤哲郎がヒーローインタビューで、「シーズン中の方がしんどかった。相手も強いし」と3連敗中の巨人を挑発した発言(この発言以降巨人に4タテを喰らい敗退)を彷彿させる落合監督の発言。
これに対し、日ハムの選手・コーチ陣が反発したという報道はなされていないが、日本のプロ野球で唯一選手が少年野球に戻ることが出来る日本シリーズで、自然児・新庄を核に「甲子園球児」になった日ハムナインの前に、老練な勝負師「俺流」落合の出る幕は結局無かった。
[PR]
by tsune2514 | 2006-10-28 19:10 | スポーツコラム

「凱旋門賞」禁止薬物検出が与えるインパクトとディープな闇

フランスギャロ(日本のJRAにあたる組織)は、凱旋門賞で3着となったディープインパクトの尿検体から禁止薬物「イプラトロピウム」が検出されたと発表、日本競馬界にまさに深い衝撃(ディープインパクト)を与えた。
b0022690_8572386.jpg


 ディープはフランスでの調教中、呼吸器の不調に見舞われ、診断したフランスの獣医師が気管支拡張剤「イプラトロピウム」を処方したという。処方した獣医師は、出走日の5日~1週間前までには投薬をやめるようにも指示したという。
 フランスギャロの専務理事は「投薬はフランス人獣医師によって処方されたが、処方せんには明確に投薬停止期日が記載されている。獣医師が投薬作業を逐一管理するわけではなく、それは厩舎スタッフに任される。彼らが投薬期日の指示を誤ったようだ」と、レース直前まで投薬が続けられたことを示唆している。(イプラトロピウムは欧州競馬では禁止薬物に指定されているが、出走時に体内から排出されていれば問題はないという)

この薬物検出騒動で問題点は3つある。
一つはまず何故こんなお粗末な結果になったのかと言う点だが、それ以上に重要な第2の問題点は、いまだディープインパクトの管理責任者であり一番事情を知りうる立場の池江調教師から、全く説明が無いことだ。

競馬は、ファンが馬券を購入しなければ産業として成立しない。もともと英国で始まった競馬は、金持ちが道楽でそれぞれの所有馬で競争したのが起源という。しかし近代競馬は、ファンの存在なくして経済的に成立しない。サラブレッドの生産者も、馬主(うまぬし)も、調教師も、厩務員も、騎手も、ファンが馬券を購入しなければ、生活が成り立たないのだ。大レースを勝った時だけ、「応援有難う。この馬はファンのものです」と調子の良い事を言い、不祥事が起きたら厩(うまや)の世界では先生と呼ばれている調教師も、大オーナも説明責任を果さず逃げ回っている。

さらに重要な第3の問題点は、ディープが日頃から気管支系の障害をもっていた事実及び、フランスへ遠征したときにも同様の症状を発生したことが陣営から全く発表されていない点である。
これは極めて問題視しなければならない事態である。凱旋門賞の調教過程でのマスコミ発表は常に、「極めて順調、生涯最高の状態。120%の状態では凱旋門賞は勝てない、140%の状態で仕上げた。」と一点の曇りもない状態であるかの如くコメントを発し続けた。

私も陣営のコメントを信じ、ディープの凱旋門圧勝を確信していた。恐らくフランス地元でも順調な調教過程の報道を聞き、ディープに賭けた競馬ファンも少なからずいたのではないかと思われる。

競馬がお金を賭けるギャンブルスポーツと言う性格上、レースの主役である出走馬の状態は常に正確に説明されなければならない。其の点ディープ陣営は、競争能力に少なからぬ影響を与えるディープインパクトがもつ「気管支系」の弱点を隠し続けることにより、世界中のファンとメディアを裏切ってきた。

勿論この事が、凱旋門賞におけるディープの敗因の全てではない事は当然である。勝った3歳馬との斤量差、武豊の騎乗方法(先行し早仕掛け)も敗因として上げられるだろうが、私が最も重視する敗因はオーナー筋の欲張った出走スケジュールにあると判断している。賞金の高い国内のG1(春の天皇賞、宝塚、秋の天皇賞、JC、有馬)全てに出走し賞金を稼ぎ、なおかつ凱旋門に出場、あわよく勝てば種牡馬の価値もあがる。当然着地検疫があるから、フランス現地滞在は最小限度に止める。結果ロンシャン競馬場でのステップレースを使わず、いきなり本番出走というセオリーを全く無視した強行スケジュール。これこそがディープ敗因の根本要因であろうと考えている。
凱旋門賞敗退後、何故140%の状態で敗れたのか納得がいかず、ディープの日本での成績を分析してみたが、やはり無敗の三冠馬といえど一叩きした方がレース内容が良かった。国内唯一の敗戦、ハーツクライの後塵を拝した有馬記念は菊花賞から2ヶ月空いていた。アドマイヤジャパンと首差の辛勝だった弥生賞も前走から2ヵ月半空いている。逆にレコードタイで駆け抜けたダービ、一週目掛かりながらも上がり3F33.3秒の足を使った菊花賞、世界レコードで激走した天皇賞はいずれも前走から一ヶ月程度でレースに臨んでいる。

「行き掛けの駄賃」程度の準備で、芝最高峰の凱旋門賞が勝てる程世界の競馬は甘くはない。結局「アブハチ取らず」になってしまった。実際日本のレースは捨てて、凱旋門賞に最善を尽くせば勝てたレースだったろう。
金子オーナーは凱旋門敗退後、ディープの引退と51億の種牡馬シンジケート設立を発表した。
ディープの気管支系の障害がどの程度かわからないが、はたしてシンジケート参加者に其のことが伝えられていたのであろうか。これまで全くマスコミに発表されてこなかったことは、恐らく調教師だけの考えとは思えない。オーナー筋の意向が働いていたと考えるのが自然だろう。

私には凱旋門賞で禁止薬物が検出されると言う「お粗末な不祥事」が発生したのは、これまでのファンへの裏切りに対する競馬の神様のディープ陣営に対する「お仕置き」に思えてならない。
[PR]
by tsune2514 | 2006-10-24 22:06 | スポーツコラム

ディープ「凱旋門賞戴冠」か?

日本最強馬且つ無敗の三冠馬「ディープインパクト」が出場する、『凱旋門賞(実質芝クラシック・ディスタンス世界一決定戦)』の発走まであと2時間足らず。果たしてしディープは飛ぶことが出来るであろうか。
b0022690_20291928.jpg

最有力馬と見られる「ハリケーンラン(4歳牡馬)」と今年7月イギリスのアスコット競馬場で開催され、ヨーロッパの上半期最強馬決定戦とも言われる『キングジクイーンエリザベスダイヤモンドステークス』で戦った日本馬「ハーツクライ(5歳牡馬)」との比較で、ディープの絶対能力を推し量ってみよう。
『キングジョージ』でハーツクライは帯同馬をつけず1頭で異国の地で調教を受けたため精神的に不安定になり、決して万全の状態ではなかった。それでも3歳時に『凱旋門賞』を勝ち充実の4歳馬(一般的にサラブレッドは4歳馬最強と言われている)を迎えた欧州最強馬ハリケーンランに 1馬身差の3着迄迫った。
其のハーツクライは充実の4歳時有馬記念でディープに半馬身差をつけて勝利している。この時武豊は「今日のディープは飛ばなかったと」語り万全の状態でなかった事を示唆している。
明け5歳になったディプは春の天皇賞で2コーナからまくりマヤノトップガンのレコードを1秒縮めるレコードで圧勝した。(ディープはダビーでもキングカメハメハが作ったタイ・レコードで走っている)

馬の絶対能力は、実際のレースで跨がる騎手が一番わかる。

武はスペシャルウイーク、アドマイアベガ、タニノギムレットら3頭のダービー馬はじめ、春の天皇賞連覇したメジロマックイーンなど数々の名馬をお手馬にしている。(勝ちはしなかったが3歳時のハーツクライにも乗っている)
その武が『ディープは世界一強い、もしディープを超える馬がいるならどんな馬だろう・・・』とまで言っている。
気配りの武豊ゆえ他の馬主の手前「世界一」と言う表現にならざる得ないが、本音を言えば『これまで乗ってきた数々の名馬と言えど、デープの前ではかすんでしまう』位に思っていることだろう。

武の最初のクラシック制覇は、スーパークリークの菊花賞だが、スーパークリークは当時まだ条件馬で、抽選で選ばれなければ出場できなかった。だが武はスーパーク リークに乗ると決めていた。
同じく無敗の三冠馬「シンボリルドルフ」の主戦騎手岡部幸夫も、皐月賞の前哨戦「弥生賞」で、無敗で勝ち進んでいたもう1頭のお手馬「ビゼンニシキ」とどちらかを選ばなければ無かった時、迷うことなく既に重賞を勝ち1番人気になっていたビゼンニシキではなく、「ルドルフ」を選択した。

現役日本最優秀ジョッキーの武(しかも普段大言壮語しない)が「世界一」と断言し、これまで最も状態が 良いというのだからデープが勝つことは間違いない。

確かに問題は武が冗談ぽくメディアに語ったようにジョッキーだけだろう。全く同じ能力の馬で、凱旋門賞を、オリビエ・ペリエ(凱旋門3連覇)、ランフランコ・デットーリ(凱旋門2連覇を含む3勝)と争うなら武に勝ち目はない。だが競馬は馬7人3と言う。それにディープは3歳時からゴール番を知っている賢い馬。(菊花賞では1周目の4コーナーを回ったら自らハミを取りゴール番目指してスピードを上げた。一見かかったように見えたがコースを2周するレースは初めての経験で、ディープは結果勘違いをしてしまった。しかし当時菊花賞に出場した8千頭の中から選ばれた16頭のエリートの中でゴール番を知っていたのはディープただ1頭だけだった)

ロンシャンは3コーナから下り坂になり、京都競馬場に似ている。その京都競馬場で行われる春の天皇賞男と言われる武豊(春の天皇賞は6勝)。京都は武のホームグラウンドと言ってよい。
武にとって今回は自身3度目の凱旋門賞。3度目の正直で、3馬身差以上引き離し 内国産・日本調教馬として初の凱旋門賞馬の誕生となる事を、私は確信している。
[PR]
by tsune2514 | 2006-10-01 22:43 | スポーツコラム
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー