TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

弱気の始まり?武部幹事長選挙後の複党示唆。

武部幹事長は23日、造反前議員が自発的に離党し立候補した場合、当選後郵政法案に賛成を条件に復党を認めることを示唆した。これは今度の衆院選で、自民・公明で過半数を獲得できなかった場合に備え保険をかけておく意味がある。選挙序盤は確かに小泉ペースで推移してきたが、浮動票だけでは当選ラインに届かない。基礎的組織票があればこそ、「くノ一刺客」による浮動票獲得が生きてくる。やはり地元県連とのねじれ現象がここに来て、小泉総理の強権戦略に対する反発もあり、ボディーブローのように小泉自民を苦しめてきている。
鈴木宗男の地域政党『大地」、綿貫「国民」・田中長野県知事「日本」両新党の立ち上げと、メディアの関心も小泉刺客戦略一本から分散してきている。徐々に比例区・小選挙区共に、自民系候補による共倒れの様相を呈してきた。かつての中選挙区における派閥同士の競り合いと違い、地方選対が分裂と戸惑いで浮動層への票の掘り起こしができず、それぞれの地盤を守ることに徹する選挙選に入っている。
欧米のマーケット筋は小泉勝利を予測、外人投資家による買い圧力で日本の株式市場は一本調子で年初来高値を更新しているが、複党という飴を与えてまでも離党を迫り、地方選対のねじれ現象解消に務め無ければならなくなった自民党本部の現在の状況は、小泉強行戦略に黄色信号が点滅したと判断していいだろう。
[PR]
by tsune2514 | 2005-08-24 01:49 | 政・経コラム

岡田の頑固さが民主を敗北に導く

笑わぬ党首民主岡田。小泉の「クノ一戦術」が一段落したと思ったら、綿貫「国民新党」、田中長野県知事の「新党日本」の相次ぐ新党立ち上げで、公示前のメディア戦略では完全に遅れをとってしまった民主党。新党に対する評価も「自民A、自民B、自民C」と、郵政民営化法案の採決時には自民党の造反者に対しエールを送っていたのとは打って変わってつれない。
単独政権を目指すといっても、指導者ならあらゆる戦略をシミュレーションしなければならない。
この点小沢と比べればまだまだ岡田はねんねの子供。反小泉をすべて取り込むくらいの度量の大きさを見せなければ、政権交代なとど言う大事業は成功しない。
この4年間、小泉の頑固さが日本の舵取りを危うくしていることは間違いないが、同時に小泉政権をここまで続けさせた最大の功労者が、鳩山、菅、岡田と続く民主党の指導者であることも間違いない。今民主党の政権奪取戦略に一番必要なのは、全野党で小泉包囲網を構築し、「小泉政権対民主を中心とする新政権」の選択という構図に持ち込むこと。そのための政策テーマは、小泉が一番触れてもらっては困ること、そして全野党で一致できるテーマつまり「財政再建」だ。
小泉が「新規国債発行額を30兆に抑える」といいながら一度も守らず国債残高は増え続けている。国民の一番関心の高い「年金」問題も、この問題の解決なくして手がつけられない。
これまでは小泉の思惑通り「郵政民営化是か非か」の選挙に進んでいるが、この流れを変えるためには、「国民新党」「新党日本」「社民」と小泉政権打倒のため共同戦線を組み「政権選択選挙」に持ち込んでいくことこそ急務である。
[PR]
by tsune2514 | 2005-08-22 20:37 | 政・経コラム

小泉自爆解散序盤戦。

序盤戦は小泉のもくろみ通り、自民党優位で幕開けした。しかしホリエモンの出馬で潮目が変わりつつある。今日テレビでホリエモンと亀井静香の論争があったが、郵政民営化だけで9月11日の投票日まで持たせることは難しいだろう。ホリエモン自身法案の中身をよく知らなく、今後論争が深まれば法案の内容が問われてくる。さらに依然として国民の関心事は将来不安つまり年金問題だ。今回有権者の関心は高く投票率は確実に上がる。小泉の戦略が終盤で化けの皮が剥がされたら、一気に風向きが民主に傾き、9・11小泉自爆解散に終止符が打たれる。
[PR]
by tsune2514 | 2005-08-20 15:00 | 政・経コラム

ホリエモン無所属で出馬!

とうとうホリエモンが無所属で亀井静香の刺客として出馬する。
無所属となったのは恐らく自民党党内の反対が強かったからだろう。しかし武部幹事長同席の立候補表明は、事実上自民党の候補であることを意味している。
小泉は非常にリスクの高い戦略をとったことになる。『小泉に政策はなく、政局あるのみ』。そして人は得意な事で足をすくわれる。今回の選挙で小泉が敗北し退陣するとすれば、ホリエモンの出馬が敗着となることは間違いない。ホリエモンはプロ野球の新規参入、CXの買収で2連敗なのを忘れてはならない。
[PR]
by tsune2514 | 2005-08-19 18:20 | 政・経コラム

ほりえもん出馬か?

小泉批判の旗頭、亀井静香の選挙区に、刺客として『ホリエモン』の出馬が取り沙汰されている。しかしこれは極めてリスクの高い戦略となる。そもそもホリエモンはお山の大将でいなければ気が済まないタイプ。選挙中もてはやされても、当選してしまえば只の一年生議員。あくまでホリエモンの目的はライブドアのPVを増やすための話題造りにすぎない。小泉とて選挙の勝利に向けての一駒位にしか考えていない。まさに同床異夢。しかしこの戦略は従来の自民党支持者から批判を向けられ『過ぎたれば及ばるが事し』になることは間違いない。
[PR]
by tsune2514 | 2005-08-19 13:49 | 政・経コラム

小泉自爆解散三つ巴の戦に突入!

綿貫新党が結成の見込みとなり衆院選も小泉自民、民主の三つ巴の戦となってきた。今回も社民・共産は残念ながら蚊帳の外となっている。特に共産党は「自民も民主も同じ」と独自性を打ち出しているが、結果的に有権者から支持を失っている。前回の衆院選でも自民の延命にアシストする役割を果たす結果となった。今の日本の最大の政治課題は、政策の是非より政権交代。小泉自民も岡田民主も問題点を抱えているのは確だが、それだからこそ政権交代により政党のイノベーションを促すより方法がないのである

[PR]
by tsune2514 | 2005-08-17 11:47 | 政・経コラム
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31