TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

2013年 12月 30日 ( 1 )

F1元ワールドチャンピオン、ミハエル・シューマッハ、スキー事故で重体。

今月29日、自動車レース最高峰のフォーミュラ・ワン(F1)、元ドライバ-で、通算7回のワールドチャンピオンに輝いたミハイル・シューマッハ氏(ドイツ、44歳)が、フランスの高級リゾート地メリベルで家族とスキーを楽しんでいるとき崖から落下。頭を強く打ち重体となったことがわかった。

b0022690_20345495.jpg

    <スキーをする最近のミハイル・シューマッハ氏の姿>

現地ブール・サン・モーリス警察の担当者によると、シューマッハ氏は、正式なコースエリアから外れて滑走中に崖から転落。岩に頭を強打したとのこと。事故後直ちに近隣の町ムーチエの病院に運ばれ応急手当をし、その後にグルノーブル市内の大病院に移送された。
グルノーブル病院の院長の話では、シューーマッハ氏は「重傷を負い病院に運ばれて来たときは既に意識がなく、すぐにも脳外科手術を必要とする状態だったが、手術後も状況は変わっていない」とメディアにこれまでの経緯について公表。さらに「22日遅くになっても意識は戻っていなかった」と説明をした。
尚、事故を担当した警官によると、シューマッハ氏は事故時ヘルメットをかぶっていたとのこと。
また、グルノーブル病院では妻、息子二人の家族が付き添っているとのこと。

FIA会長で元フェラーリ時代のチーム代表ジャン・トッド氏も病院を訪れ、かつてのライバルのFIドライバーからはミハイル・シューマッハ氏の安否を気遣う声が数多く寄せられている。
いまは度々のレース中での事故からも、不死身のように蘇ってきたミハイル・シューマッハ氏の回復を祈るばかりです。
[PR]
by tsune2514 | 2013-12-30 20:41 | スポーツコラム
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー