TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

2013年 12月 27日 ( 1 )

安部総理が金正恩化して暴走! 靖国参拝に世界から批判声明続出!

昨日12月26日の安倍総理の靖国参拝は、自民党政権内部、また連立を組む公明党の反対を押し切っての個人プレーだったことが明らかになった。これまで実質的に安倍内閣で実務を担ってきた菅官房長官は、直前まで総理の靖国参拝をや止めさせようと動いたが、その努力も昨日の参拝で水泡に期した。自民党No.2の石破茂幹事長には当日になって参拝すると通告。また連立を組む公明党にも、参拝に出向く直前に山口代表に安部総理から電話しただけだった。山口氏は即座に「賛同できない」と反対。26日の午後には記者団に対し、「靖国参拝を避けた方がいいと繰り返し伝えてきたにもかかわらず、参拝したことは残念だ。中国・韓国の反発を予測した上で行ったわけだから、首相自身がその結果について解決しなければならない」と総理の独善的行動について見放した批判をした。

安倍首相の靖国参拝は一斉に世界中のメディアで配信され、その結果中国、韓国は当然として殆どの欧米諸国から批判声明が発表された。米国は今日になり、昨日の駐日大使館の声明から格上げし、「国務省(外交)」として改めて声明を発表した。さらにEUのアシュトン外交安全保障上級代表(外相)報道官は26日、安倍首相の靖国神社参拝について「地域の緊張緩和や、日本の近隣諸国、とりわけ中国、韓国との関係改善に貢献しない」と声明を出した。ロシア政府も外務省のルカシェビッチ情報局長が26日、「このような行動には遺憾の意を抱かざるを得ない」と声明をだした。
さらに米国有力メディアの「ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)」は26日の社説で、「日本の軍国主義復活という亡霊を自らの軍事力拡張の口実に使ってきた中国指導部にとって、安倍首相の靖国参拝は贈り物になった」とコメント。安倍総理の参拝は、結果的に中国指導部を利することになると皮肉った。

b0022690_23241560.png

   <安倍総理の靖国参拝を伝えるウォール・ストリート・ジャーナル・電子版>

<ウォール・ストリート・ジャーナル・電子版>
http://online.wsj.com/public/page/news-japan.html


盆暗・世襲政治家「安倍晋三」は、ここまで欧米諸国が批判するとは夢にも思っていなかっであろう。
以前のプログでも書いたが、安倍総理はこれまで外交・内政上3度の大きな判断ミスをしてきている。一度目はフィリピンが台風30号の被害にあったとき、被害発生から3日後にようやく25人の医療チームを派遣、その後米国が直ちに空母をフィリピンを派遣すると慌てて1000人規模の自衛隊派遣を決めた。二度目は世界の首脳が集った南アフリカ元大統領マンデラ氏の国葬に、先進国G8でただ一人欠席したこと。三度目は国会での絶対多数を背景に、「特定秘密保護法案」を強行採決したことだ。

今の安部総理の国会での絶対多数を背景とした暴走は、まるで北朝鮮の金正恩の暴走と酷似している。彼も世襲三世、そして安倍晋三も岸元総理、安倍晋太郎元自民幹事長と続く世襲三世。知性の欠けた人物が絶対権力を持つと暴走することを、歴史上人類は再三経験している。自民党内部でさえコントロールが効かない安部総理の暴走は、賢明な国民世論と、諸外国の冷静は批判で止めるしかない。

<海外からの批判を報道するニュース映像 by ANN>
http://www.youtube.com/watch?v=dRhQXWgUdTo

[PR]
by tsune2514 | 2013-12-27 23:27 | 国際情勢
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー