TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

2013年 12月 03日 ( 1 )

食材虚偽表示ホテルを最高ランクに格付。ミシュランガイド東京・横浜・湘南2014発表

本日12月3日、日本ミシュランタイヤは「ミシュランガイド東京・横浜・湘南2014」の掲載店を、東京都内のホテルで発表した。「レストラン」部門では最高評価の「三つ星」に格付けされたのは14店。昨年より1店少なかった。「ホテル」部門では、昨年と同じ10のホテルが最高ランク(5段階評価)に格付けされた。

b0022690_20324624.jpg

<「ミシュランガイド東京・横浜・湘南2014」発表の様子>

ただしこの10のホテルの中には、今年10月に食材虚偽表示が発覚した「ホテル椿山荘東京」と「ホテルオークラ」も含まれている。
この点に関し日本ミシュランタイヤのベルナール・デルマス社長は、「食材の虚偽表示問題は日本以外ではみられないケースで、虚偽表示問題についてはしっかり研究したい」と話しているとのこと。

ミシュランガイドはあくまで一タイヤーメーカの格付けに過ぎないが、食材偽造は、格付け以前の法に触れるがどうかの企業としてのコンプライアンスが問われる問題である。帝国ホテルではJAS法違反に問われる「瞬間冷凍加工したストレートジュースをフレッシュジュース」と表記していた。
日本ミシュランタイヤは恐らく出版の作業が進んでいて、修正しないで見切り発車で出版することにしたのだろう。しかしこんなホテルに最高ランクをつけて、後世に残る出版物として「ミシュランガイド2014」を出版するとは、日本ミシュランタイヤも随分日本及び日本人を舐めたものである。
「画竜点睛を欠く」という言葉があるが、食材虚偽表示をしているとわかっているホテルを最高ランクに格付けした事実は、決してぬぐい去ることのできない汚点として日本ミシュランガイドの歴史に残るだろう。そして「ミシュランガイド東京・横浜・湘南2014」そのものの格付けは、もちろん星「ゼロ」である。
[PR]
by tsune2514 | 2013-12-03 20:41 | 政・経コラム
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー