TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

ブラジル戦必勝法!


明日早朝(6月23日午前4時)いよいよブラジル戦が開始される。
ジーコはオーストラリア、クロアチアの2戦で少しはワールドカップの戦い方を学習したらしい。セリエAサンプドリア(03-04)・FCメッシーナ(04-06)出場44試合でノーゴールの柳沢に、自らレッドカードを突きつけスタメンから外す事にしたらしい。(できれば早々に自分自身にもレッドカードを出して欲しかったが・・・)
又これまで公開していたシステム・先発メンバーも初めて非公開となった。(非力な日本にとってサッカー大国ブラジルのまねをして公開しても無理と言うもの。桶狭間のような奇襲戦が必要だろう。)

これまでWCの試合を見ていてつくづく感じたことだが、世界のタレントが集まる欧州の強豪クラブでレギュラーとして活躍している選手が、WCの本番でも輝きを放つと言うことだ。
だがサムライ・ブルーにはただの一人もこのような存在はいない。ブンデスリーガーの高原は、サポータからミスター100%(100%枠を外すシュートを打つ)と呼ばれ、イングランド・プレミアリーグのボルトン中田、WBAの稲本も控えに甘んじることが多かった。中村こそスコットランド・プレミアリーグで不動のMFとして活躍したが、あくまでイングランドの格下リーグ(わずか6チームでのリーグ戦)に他ならない。
そして日本人で最も欧州で活躍しているフランス・リーグアンの松井は、何故か代表メンバーに招集されていない。

オーストラリア・クロアチアに出場した日本のFWは、ドイツブンデスリーガーのミスター100%高原、セリエA在籍4年でノーゴールの柳沢、世界のローカルリーグ・フランス2部の大黒、Jリーグのミスター100%玉田(今シーズンPK1点以外のシュート決定率0%)と言うそうそうたる布陣。

日本のFWの決定力が無いのは、決定力の無いFWをジーコがえり好みしているからだ。
恐らくジーコは面食いなのだろう。(玉田、柳沢、それと日本DF陣のブラックホール宮本は、カカー、ベッカムと比較しても決して見劣りはしない)

日本がもしブラジルに勝つとするなら、オーストラリア・クロアチア戦で心身ともに消耗せず、出場したくてうずうずしている、モチベーションの高い控え組みを中心にシステムを組むことだ。
また「腐っても鯛」という。欧州の一部リーグに所属してそこそこ実績のある、中田(英)、中村、小野、稲本をシステムの中心にすえることだ。
世界におけるローカルリーグでは、アジアカップ、国際親善Aマッチまでは通用しても、WC本戦では全く用無しであることはこれまでのグループリーグにおける各国の戦いでよーくわかったはずだ。
今のところ決勝リーグに駒を進めたのは欧州・南米・北中米のメキシコで、アフリカ・アフリカはゼロ、アフリカはガーナ、アジアは韓国が可能性を残しているのみである。
ジーコジャパンで停滞した日本サッカー界が4年後(2010南アフリカ大会)に向けて急務とされていることは、欧州の強豪リーグに精通し日本サッカーを愛する験豊かな監督の招聘だ。
[PR]
by tsune2514 | 2006-06-22 16:26 | スポーツコラム
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31