TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

姿を現さないステルス「武部氏・次男」、民主に「謝罪広告」要求。

3月3日武部幹事長の次男は民主党と永田議員に対し、謝罪広告を全国紙に掲載するよう文書を送ったと報道された。しかし永田氏が国会で取り上げた『堀江メール』が偽造されたものであることは、民主党と自民党との間で文書で確認され、同時に多くのメディアで日本全国津々浦々報道されている。また国権の最高機関「国会」の懲罰委員会に永田議員の懲罰が付託され、恐らく登院停止30日間以内の処分が下されると思われる。武部氏の次男はこれ以上何を望むのか。損害を受けているのなら「名誉毀損」で告訴し、損害賠償を求めればよい。当事者が偽造メールであることを認め謝罪しているのだから、裁判でも勝てるであろう。仮に全国紙に謝罪広告を掲載するとするならば、多額の費用が民主党に支給されている「政党助成金」という名の国民の税金から支払われることになる。

しかし最大の問題は、なぜ武部氏の次男は自身が全くの潔白なら、永田議員が国会で「堀江氏から武部幹事長の次男に3000万円振り込まれた」と追求、同時にメディアに対してても同様の発表をした時点で、直ちに表に出て潔白を主張しなかったのか。『自分は潔白だ。口座でも何でも全部調べてくれ』と公表し、名誉毀損で即刻永田議員を告訴すべきだったのだ。しかしその後今日まで、一度も姿はおろか肉声も登場していない。まさにステルス状態を続けているのだ。嫌疑をかけられそれに反論しないのなら、疑いを是認されたと世論に取られてしまう恐れもあるのに。永田氏がなぜガセネタをつかまされたのかは「功名心」に走ったと一刀両断に切り捨てることが出来るが、武部氏の次男がなぜメディアの前で堂々と身の潔白を主張しないのかは、未だ不可解でならない。

民主党は断じて武部氏の次男の「謝罪広告」要求を受け入れて、国民の税金及び支援者からの浄財に手をつけるべきではない。「謝罪広告」とは堂々「名誉毀損」の告発を受け裁判という公的な審判を経た上で実施すべき性格の事柄であることを認識すべきである。
[PR]
by tsune2514 | 2006-03-05 13:18 | 政・経コラム
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30