TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

責任を取れない「お子ちゃま執行部」と前原党首の迷走。

今この瞬間日本をにぎわしているのは、良い話としては荒川静香の金メダル獲得で、悪い話は疑惑の「堀江メール」の主役民主党永田氏の入院だろう。

「堀江メール」とされているものの真実性は、今のとこ不明である。全くのでたらめならば、武部氏の次男は当然永田氏を名誉毀損で訴えるだろう。現在武部幹事長と次男で訴訟を検討していると報道されているが、堀江氏との金銭の関係が全く無いなら、国会で永田氏が取り上げた時点で真っ先に記者会見し、身の潔白を訴え、民主党が持っているという『口座』情報に対し自ら率先して開示し、自身と父親である武部幹事長の疑惑を払拭するよう行動をを起こすはずだ。
しかしいまだ公の前に姿を表していない。私の見解では、武部親子が永田氏を訴えるなら、潔白の一つの証明になるが、もし話だけで告訴に踏み切らなければ、限りなく黒に近いと判断せざる得ない。

ただ今回の民主党執行部の対応は、全くお粗末といわざる得ない。当事者である永田氏の雲隠れ、「党首討論を楽しみにしてください」とある意味不謹慎な発言をしておきながら、実際は最後の9分間でお茶を濁した前原党首。さらに永田氏の記者会見も拒否し、自民党がよくやる当事者の「入院」で世間の追及をかわそうという姑息さ。
今の前原執行部の対応振りは、悪い自民党の焼き写しを見ているようで、全く組織としてのガバナンスができていない。
以前も書いたが、京大から松下政権塾をへてそのまま政治の世界に入った安保オタクで世間知らずの前原代表。今回で党首としての統治能力の欠如は、白日の下にさらされた。善は急げという。前原氏が民主党を愛しているなら、9月の党首選を待たず早々に代表の座を辞し、この問題に決着をつけ、民主党の信頼を1日も早く回復すべきだ。人は辞する時に真価が問われる。
民主党に期待する国民は、誰一人として前原氏と民主党の心中を願ってはいない。
[PR]
by tsune2514 | 2006-02-24 09:12 | 政・経コラム
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31