TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

WC一次リーグ敗退を受け、トルシエ元日本代表監督が語る。

日本チームがブラジルWCリーグ敗退を受け、日韓WCの日本代表監督として初のベスト16に導いたフィリップ・トルシエが、26日付け朝日デジタルに「とルシエの目」というかなり厳しいしいコメントを寄せた。
非常に示唆に富むコメントなので下記にて紹介します。

b0022690_0593070.jpg

[初の決勝トーナメント進出を果たしたトルシエジャパン:対ベルギー2-2、対ロシア1-0、対チュニジア2-0。2勝1分で1次リーグ突破]


b0022690_0595349.jpg

[トルシエ代表監督と中田英寿選手]

[トルシエの目 by 朝日デジタル]
http://www.asahi.com/articles/ASG6T633NG6TUTQP03W.html
日本には失望した。
2002年や10年の大会で見せた組織的な力が全くなく、選手個々のつながりのみに頼っていたからだ。しかも選手たちは疲れ果て、プレーの熱狂や喜びを欠いていた。チームスピリットや戦い抜く気迫もなかった。
ギリシャが誠実かつ真剣に戦い抜き、史上初のベスト16を決めたのとまさに対照的だった。メキ シコやチリ、コスタリカ、オーストラリアが見せた「チームのために死んでもいい」というくらいの気持ちこそ日本に欲しかった。
  恐らく日本代表は、安易さと過信に包まれていたのだろう。12~13人が先発と控えを保障され、チームの中に競争も刺激もない。
 プレーのオプションもない。唯一のオプションが本田と香川に頼ることだったが、本田は疲れ完全な抜け殻だった。香川も心理的に消耗し、自分自身の影でしかなかった。ふたりは最後まで爆発しなかった。
また、1次リーグ突破はそう難しくないという過信が綿密な準備を妨げてしまったのだろう。フィジカルコンディションの不備は、目も覆わんばかりだった。
日本はすべてを失った。単にW杯に敗れただけではない。築きあげてきた自信や、代表をめぐる熱狂、希望にあふれた輝かしい未来など、すべてだ。そして来年早々にはアジアカップが待っている。
立て直すには、すべてを壊して再出発するしかない。チームを壊し、選手のヒエラルキーを壊して
ゼロから構築する。時間はかかるが、それが一番の近道であると私は信じている。
[PR]
by tsune2514 | 2014-06-27 01:02 | スポーツコラム
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30