TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

サムライブルー、ザッケローニと決別。練習を拒絶し決起集会開催。

6月22日未明(日本時間)、日本サッカー協会の原専務理事とザッケローニ監督は緊急記者を行い、同日に予定されていた練習を急遽中止したと発表した。

b0022690_0453240.jpg

[練習中止を発表するザッケローニ監督と原専務理事(右) by スポニチアネックス]

記者会見で冒頭、ザッケローニ監督は「まずはみなさんにお詫びを申し上げないといけない。午前中の遅い時間に、午後の練習を休みにすることを決めた。また選手のメディア対応もなしにした。代わりに監督の私がが対応するので、我慢してください」と語り、さらに「「フィジカル(体調)のところはまったく問題がない。メンタルのところで次の試合にいい状態で臨ませるために、休ませたほうがいいという決断した」と、急遽練習を中止した理由を説明した。また同席した原専務理事は「選手には昼の時点で午後のトレーニングがオフになったことを伝えた」と補足した。

この事については、選手側からザッケローニ監督に「いまのチーム状態では今日の練習はできない」と午後に予定された練習の中止を迫ったとの情報が一部ネットで流れていた。
今日の記者会見は、練習開始予定の30分前に日本サッカー協会から記者団に伝えられ、会場も、通常は選手が取材対応を行うスペースにザッケローニ監督が立ち、その周囲を報道陣が取り囲むというかなり異例の形で行われた。この事からも、今日の練習中止が如何に突発的な出来事だったかが伺われる。
さらに夜にはザッケローニ監督抜きで、選手・スタッフら52人が近くのレストランを貸切、1時間半ほどの決起集会を行ったという。

ザッケローニ監督は記者会見で「わたしが監督ですから、ピッチに送り出す選手も、どういう戦い方かも決める。きょうの休みに関しても、自分の決断。次に良い状態で臨むためには、プレッシャーも感じていると思うので、少しフリーにしてあげた状態で臨むのが一番だと考えたので、決断した」と語り、練習中止はあくまで自分のイニシアチブで決めと強調しているが、私は真実は全く異なると考えている。
実際のとこは代表メンバーが、練習を一度もしていないパワープレーを指示したり、勝ちきれていないにも関わらず交代枠を残すなど、ここ2戦呆れた采配を続けるザッケローニに、三行半を突きつけたものと思っている。もしこの通りだとすると、サムライブルーは、ガーナが優勝候補のドイツに2-2と引き分けに持ち込んだように、勝ち負けはともかく、25日のコロンビア戦では今までとは違ったプレーを見せてくれるはずだと、期待したいものだ。

[緊急記者会見と決起集会を伝えるFNNニュース]
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140622-00000069-fnn-int
[PR]
by tsune2514 | 2014-06-23 00:55 | スポーツコラム
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30