TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

AFC女子アジアカップ 、なでしこジャパン2-1で中国を破り準決勝進出!

5月22日、AFC女子アジアカップ ベトナム2014の準決勝が、開催国ベトナムで行われた。
なでしこジャパンは、AFC女子アジアカップ 最多優勝回数8回の宿敵中国と対戦、延長戦後半間際にコーナキックを獲得、宮間がゴール前に蹴ったボールに岩清水が頭で合わせ、ヘディングシュートを決める。これが決勝点となり、苦しみながらも2対1で中国を破り、決勝進出となった。

b0022690_0302667.jpg

[204AFC女子アジアカップで決勝進出を果たした、なでしこジャパン]

この試合、日本も中国も、相手に隙を与えず硬直状態が続き、前半戦は双方無得点で終える。
試合が動いたのは後半戦開始早々の6分。左コーナーキックを得た日本は、宮間がニアサイドにボールを送ると、澤穂希が相手DFを出し抜きゴール左前に飛び出し、ダイビングヘッドで鮮やかにゴールを決めろ。
このゴールは、2011 FIFA女子ワールドカップのアメリカとの決勝戦で、同じ宮間と澤のコンビが決めたゴールを彷彿させる見事なゴールとなった。そしてこのまま日本が1点を守り抜き、勝利するかと思われたが、後半35分にペナルティエリア内で中島依美がハンドの反則をとられて、PKを中国に与えてしまう。これをリー・ドンニャが落ち着いてゴール左に決め1-1の対となる。

このあと佐々木監督は、疲れの見えた澤、中島にかえ、吉良、木龍を次々と投入する。同点に追いついた中国は勢いが出て来て、このあと日本のゴールに怒涛の攻撃を仕掛け、日本は守勢に立たされるが、なでしこジャパンの守護神GKの福元美穂の懸命の攻守により、なんとか無得点抑える。
そして延長後半5分、佐々木監督は最後の交代枠を使い後半戦投入した木龍に変え、高さのあるFW菅澤優衣香を投入し、ボールを菅澤に集めて猛攻を仕掛ける。それに対し中国は、延長後半10分にリー・ジアユエ、レン・ギシンが足をつるなど体力の限界に達していた。また延長後半17分にはDFのリー・ジアユエがイエローカード二枚で退場となり、10人での戦いを余儀なくされ、日本に有利な状況となった。そして延長後半20分、CKを宮間がゴール前へけり、岩清水がヘディングで合わせ、勝負を決めるゴールを決めた。

これで日本は、2001年の第13回大会以来の決勝進出を果たした。尚、決勝戦は5月25日にオーストラリアと韓国の勝者と戦うことになる。

[日本vs中国 準決勝 澤のゴールシーン]
https://www.youtube.com/watch?v=WPMiEoX2Qds
[PR]
by tsune2514 | 2014-05-23 00:37
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31