TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

ヤンキース・田中将大投手、2本の本塁打を浴びるも粘りの投球で4勝目を飾る。

5月3日(現地時間) ヤンキースはホームのヤンキーススタジアムでレイズと対戦、田中将大投手が先発した。この試合、田中投手は決して調子が良かったとは言えず、むしろ開幕以来一番内容の悪い投球内容となったが、粘りの投球で7回まで投げ抜き、またヤンキース打線も爆発し、9-3で勝利投手となった。これで、日本(楽天)から続いている公式戦での連勝を「32」に伸ばした。

b0022690_220876.png

               [粘りの投球で7回まで投げ抜いた田中投手 by 共同]

田中投手のこの日の投球内容は、投球数113、失点3、被安打8(2つの本塁打含む)、奪三振5、与四球0で、奪三振はこれまでで最小となった。
ヤンキースはこの日の田中の熱投で連敗を3で止め、アメリカンリーグ・東地区の首位をかろうじて守った。
またイチロー選手もこの日八番ライトで先発、2塁打2本、1打点のマルチヒットで田中投手を援護した。

メジャーリーグは、日本のプロ野球(NPB)の年間試合数144に対し、162試合あり、また移動距離も日本での試合とは比較にならない位長く、登板間隔も中4日と、疲労につながる要素があまりも多い。救いは一試合の投球数が100球位までとなっている点だが、今後田中投手は、投球内容を分析してくる対戦相手と、蓄積する自身の疲労の2つの敵を克服することが、最大のテーマとなってくることは間違いない。

[粘りの投球で4勝目を獲得した田中将大投手]
https://www.youtube.com/watch?v=3REIAWgQMlQ
[PR]
by tsune2514 | 2014-05-04 22:09
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31