TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

ついにこの日が来た。マン・Uモイーズ監督を解任。MFギグス暫定監督就任!

4月22日、日本代表MF香川真司選手が所属するマンチェスター・ユナイテッドは、リーグ戦残り4試合をまたず、就任一年目のデイビッド・モイーズ監督(50)の退任を発表した。事実上の解任とみられている。
またその後、クラブ側は「輝かしい経歴を持つコーチ兼現役MFのライアン・ギグスが、正式な監督が任命されるまでトップチームを指揮することになる」と声明を発表した。
この結果ユナイテッドは、今月26日のノリッジ・シティ戦を含め、プレミア・リーグの残り4試合をギグス暫定監督の下で戦うこととなる。
尚、来シーズンの新監督候補としては、ブンデスリーガ・ドルトムントのユルゲン・クロップ現監督、オランダ代表のルイス・ファン・ハール氏ら10人程度の名が挙がっている。

モイーズ監督は、昨季まで27年間ユナイテッドを指揮した同じアイルランド出身の名将、アレックス・ファーガソン(72)氏の指名を受け、名門チームの監督としては異例とも言える、6年間の長期契約でユナイテッドの後任監督として就任した。しかし連覇を狙ったプレミアリーグでは現在、17勝6分け11敗勝ち点57で7位に低迷。CLは準々決勝でバイエルンに敗退。さらにEL、2つの国内カップ戦(FAカップ、キャピタルワン・カップ)でひとつもタイトルを獲得できず、今シーズンの無冠が確定している。また今月20日モイーズ監督の古巣エバートンに0-2と完敗。1995年以来となる来年のCL出場権も失った。

モイーズ監督の解任論は、ユナイテッドのサポータの間ではシーズン当初からささやかれていた。
そしてシーズン後半の3月29におなわれたアストンビラ戦では、ユナイテッドのサポーターが840ポンド(約14万5000円)の寄付を集め、飛行機をチャーター。 「Wrong One Moyes Out(間違った男 モイズは出て行け)」という横断幕をつけて、試合会場となるユナイテッドの聖地「オールドトラフォード」の上空を飛ばすほどだった。

b0022690_21244844.jpg

[オールドトラフォード上空に翻るWrong One Moyes Outの横断幕]

b0022690_21252594.png

[リバプールサポータが(モイーズはサッカーの天才)と横断幕を掲げる]

いつ解任されてもおかしくないモイーズのお粗末な采配だったが、ユナイテッドのクラブ側がこの日まで解任を先送りとしていたのは、6年の契約破棄による巨額の違約金の支払いを避けたかったことと、そしてあくまで私見だが、CLの出場資格を失ったときは違約金なしでの解約が可能となる契約条項があったからでは、と推察している。

ともあれモイーズの解任は、オールドトラフォードに集うユナイテッドのサポータにとってはこれ以上ない朗報となり、一番失望しているのがユナイテッドのライバルチームのサポータであることは間違いないだろう。
[PR]
by tsune2514 | 2014-04-22 20:22 | スポーツコラム
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30