TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

香川選手アストン・ビラ戦で今シーズン初のアシストを獲得。マン・Uは4-1で快勝!

3月29日(現地時間)イングランド・プレミアリーグは第32節を迎え、日本代表MF香川真司選手の所属するマンチェスター・ユナイテッドは、本拠地オールド・トラッフォードで「アストン・ビラ」と対戦。香川選手は左MFとして先発出場した。

この試合前半13分に早々と先制されるも、前半20分、香川選手は左サイドからゴール前に位置するルーニーの頭めがけ、ピンポイントのクロスを入れる。ルーニーはその位置で停止したままヘッドを右に振るとボールはゴール右隅に吸い込まれ、難なく同点にする。これで香川選手は、今シーズン、マン・Uで初めてのアシストを記録することになった。

b0022690_23524555.jpg

             <ルーニーとハイタッチする香川真司選手>

さらに前半終了間際、中央からドリブルし、左側からゴールに向かうMFマタの進行方向を目掛けて、相手DFを抜く芸術的なスルーパスを出す。するとアストン・ビラのDFはたまらずシュートを阻止しようと、反則覚悟でマタにタックルを仕掛ける。結果マタはペナルティーエリアで倒れ、ユナイテッドはPKを獲得する。このPKはルーニーが蹴り難なく逆転に成功する。
この香川選手のスルーパスは、ドルトムントの王様として輝いていた当時の香川のプレーを彷彿させるスルーパスだった。マン・Uモイーズ監督も試合後、あのシンジのスルーパスは「Excellent」だと語り、賞賛を惜しまなかった。
また後半12分、MFマタが移籍後初ゴールを記録。さらにFWエルナンデスもゴールを決めて、結局ユナイテッドが4-1で快勝した。

尚、香川選手は後半23分、MFのヤヌザイと交代するが、これは次のUEFA CLバイエルン戦に向けての交代とサポータも理解し、ベンチに退くときはスタンディングオベーションでこの日の香川の貢献を讃えた。

b0022690_2353242.jpg

<サポータからスタンディングオベーションで迎えられる香川選手>

尚この試合、ファンが選ぶMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に、2ゴールのルーニーを差し置いて香川選手が選ばれている。
この日は間違いなくモイーズが指揮するユナイテッドの試合で最高のパフォーマンス見せた香川選手だった。次戦4月1日(火)のバイエルンミュンヘンでは、マタが試合に出れないためトップ下で起用される可能性が高いと思われる。
昨年CL優勝チームで、今シーズン無敗でブンデスリーガの優勝を成し遂げた世界最強豪クラブといっても過言でない「バイエルンミュンヘン」戦で、持てる才能を存分に示し「モイーズよ、これがトップ下の香川真司だ」と見せつけるプレーを期待したいものだ。

[アストン・ビラ戦での香川選手タッチ集]
https://www.youtube.com/watch?v=dKj_JATInnw
[PR]
by tsune2514 | 2014-04-01 00:04 | スポーツコラム
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31