TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

浅田真央選手3度目の世界選手権優勝! ロシアの妖精リプニツカヤ選手は銀メダル獲得。

3月29日、さいたまスーパーアリーナで、フィギュアスケート世界選手権・女子フリーの演技が行われた。
27日のショート・プログラムでは5年ぶりに自己ベストを更新、ショート・プログラム歴代最高得点の78.66点で首位に立った浅田真央選手(中京大)は、フリーでもトリプルアクセルを見事決めトップの138・03点を出し、合計216・69点で3度目となる世界選手権の優勝を飾った。
その他の日本人選手だが、この日の演技を最後に引退することが決まっている鈴木明子選手(邦和スポーツランド)は、合計193・72点で6位に入賞。村上佳菜子選手は(中京大)は合計172・44点で10位となった。

また日本でも人気の高いロシアの妖精ユリア・リプニツカヤ選手は、今日の演技で転倒はしたものの、相変わらず柔らかく美しい演技で合計207・50点で銀メダルを獲得した。そしてソチ五輪で銅メダルに輝いた前世界女王のイタリアのカロリナ・コストナー選手が、合計203・83点で3位となり、五輪に続き銅メダルに輝いた。

b0022690_22494498.png

      <3度目の世界選手権優勝を果たした浅田真央選手 by スポニチ>

浅田真央選手がショート・プログラムで歴代最高得点を出し、フリーでもトリプルアクセルを決めて優勝したのは、開催地がホームグラウンドの日本であったことと、やはりライバルというよりは「天敵」と言って良いキム・ヨナ選手が欠場したことが結果的に精神的負担を軽くし、伸び伸びと演技できたことが大きかったと思われる。

浅田真央選手の今後の去就だが、彼女はやはりオリンピックでの金メダルを「バンクーバーとソチ」の競技場に「置き忘れてきた」という思いが依然強いのではないだろうか。その思いがひと欠片でもある限り、私は4年後の「平昌冬季五輪」まで現役を続ける気がしてならない。

[SPで歴代最高得点を出した浅田真央選手の演技]
https://www.youtube.com/watch?v=_2mXnmlHhuA
[PR]
by tsune2514 | 2014-03-29 22:50 | スポーツコラム
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31