TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

ザックジャパン、FIFAランク89位のニュージーランドに勝つも2失点献上!

昨日3月5日、ザックジャパンは国立競技場でFIFAランキング89位という、超格下のニュージーランドと対戦、4-2で勝利した。
しかしこの試合は、2014ブラジルWCまであと3ヶ月と迫る中、全く無意味な試合となった。

3月5日は国際Aマッチ・デイで、殆どのWC出場国が、国際親善試合を戦っている。
WC一次リーグで日本が対戦する3カ国の代表チームも、当然この日に試合があった。
気になる対戦相手だが、ギリシャは韓国と、コートジボワールはベルギーと、コロンビアはチュニジアと対戦。そして3カ国の代表チームの内、ギリシャとコートジボワールは、WC出場国の強豪チームと対戦している。コロンビアと対戦したチュニジアはWC出場国ではないが、FIFAランク45位でWCにこれまで4回出場しているアフリカの強豪。

b0022690_20181795.jpg

  <前日記者会見に臨むザッケローニ監督>

ところでザック監督はなぜニュージーランドという格下で、しかも南米でもアフリカのチームでない、本番の戦いに全く参考にならないオセアニアのチームを対戦相手を選んだのか。ここに彼の精神的な弱さがある。つまり彼は、WC出場国の強豪チームと対戦してもし敗れ、本番をまじかにした段階でサポータから大きな非難を浴びることを避けたかったのだ。そして結果は残念ながら、前半4得点を取るも、最大の弱点である守備の脆さは相変わらずで、格下相手に2失点を献上した。

これまでザック監督の采配を就任以来見てきたが、彼はチームの弱点を修正したいというささやかな願いは持っていても、実際に変革しようとする意思も、能力も持ってはいない。代表チームを率いることに自信を失ったザック監督が、国際Aマッチに弱小ニュージーランドを選び、しかも2失点した結果から判断すると、サムライブルーが2014年ブラジルWCの一次リーグを突破することは残念ながらありえないと思われる。

<3.5日本VSニュージーランド戦ハイライト>
http://www.youtube.com/watch?v=t0OEsF598M0
[PR]
by tsune2514 | 2014-03-06 20:26 | スポーツコラム
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31