TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

羽生選手、前半ジャンプで2回失敗するも後半盛り返しソチ五輪で日本初の金メダル獲得。

2月14日(現地時間)フィギュアスケート男子フリーが、アイスバーグ・スケーティング・パレスで行われた。
SPで史上最高点を出した羽生結弦(19歳ANA所属)選手は、最初の4回転サルコウをまさかの転倒、その後のトリプルフリップも両手をつくなど不安定な前半の演技だったが、後半基礎点が1.1倍になるコンビネーションジャンプを連続で決め178・64点を獲得。SPの貯金がものをいい合計280・09点でソチ五輪日本人初、また男子フィギャオリンピックー史上初の金メダルを獲得した。

b0022690_2116728.jpg

<男子フィギャーオリンピック史上初ので金メダルを獲得した羽生選手>

b0022690_2130283.jpg
<表彰式:左からパトリック・チャン(カナダ)、羽生結弦、デニス・テン(カザフスタン) by AFP>

SPで2位につけていた世界選手権3連覇中のパトリック・チャン(23:カナダ)は、FSの演技は羽生同様プレッシャーで4回転トーループ、トリプルアクセルに失敗、合計275・62点で逆転ならず2位に終わった。
その他町田樹選手(23:関大)は253・42点で5位。高橋大輔選手(27:関大大学院)は、250・67点で6位となり、日本人選手は全員入賞した。
[PR]
by tsune2514 | 2014-02-15 21:34 | スポーツコラム
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30