TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

ソチ五輪女子フィギュア、真央のライバルはキム・ヨナだけではない。

いよいよ来月6日に開幕するソチ・オリンピック。メダルが期待される女子フィギュアの浅田真央選手だが、ライバルはキム・ヨナだけではない。
ここに来て地元ロシアと米国に強力なライバルが現れている。
まず地の利のあるロシアだが、今月17日ハンガリーのブダペストで行われた欧州選手権で、15歳のユリア・リプニツカヤが今季世界最高の合計209.72点で初優勝した。
フィギュアスケートのオリンピック出場年齢は、オリンピック開催前年の7月1日に15才になっている必要がある。強運なことに「リプニツカヤ」は、6月5日生まれのため出場できる。この点、9月25日生まれのため15歳でトリノ五輪に出場できなかった浅田真央選手は不運としか言い様がない。

b0022690_22523051.jpg

<欧州選手権を209.72点で優勝したロシア・リプニツカヤ:中央>

もう一人の強力なライバルは1月11日、全米選手権で211.69で優勝した18歳の「グレイシー・ゴールド」だ。
ローカル大会のため得点は参考記録にしかならないが、欧州選手権でのリプニツカヤの得点を上回っている。

b0022690_22532363.jpg

<全米選手権を211.69点で優勝したグレイシー・ゴールド:左から二人目>

女子フィギュア選手の場合、成長により骨格が替わる前の、ティーンエイジャーの方が圧倒的に有利と思われる。また恐れを知らない無邪気さも、オリンピックという重圧かかる大会には有利に働くと考えられる。
浅田真央選手、キム・ヨナ選手ともに経験豊かな23歳の大ベテランの二人だが、ソチ五輪では、経験ある二人と若さの爆発力が期待される、リプニツカヤ、グレイシー・ゴールドの中から勝者が出ることは間違いない。

個人的には地元の圧倒的な声援があるリプニツカヤが金メダル一番手、対抗がグレイシー・ゴールド、浅田真央選手とキム・ヨナは三番手と見た。

<欧州選手権・リプニツカヤのフリー>
http://www.youtube.com/watch?v=ZRrjvrMh9cU

<全米選手権・グレイシー・ゴールドのフリー>
http://www.youtube.com/watch?v=yGKOVvJam-M
[PR]
by tsune2514 | 2014-01-29 22:57 | スポーツコラム
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31