TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

「ア・リーグチャンピオンシリーズ」上原、田沢両投手のリレー登板でレッドソックス2連勝!

10月15日(日本時間16日)デトロイト・タイガーズの本拠地「コメリカ・パーク」で行なわれたMLBア・リーグ優勝決定シリーズ第3戦で、レッド・ソックスは1―0でタイガースに完封勝利した。
この試合Dタイガーズは地区シリーズ2試合で15回無失点のバーランダーが先発、レッドソックスは地区シリーズ第2戦で勝利したラッキーが登板し6回まで両チームともに0点の息詰まる投手戦となった。均衡を破ったのは7回表、レッドソックス5番の顎髭で有名なナポリ(3塁手)がバーランダーから左中間スタンドにソロホームランを放つ。試合はレッドソックス1点リードのまま後半戦に入り、8回1アウト、ランナー1塁の場面で田沢が3番手として登板、2番打者ハンターにヒットを与え1、3塁とするも、3番の強打者M・カブレラを三振に仕留める。この後をレッドソックスの絶対的守護神、上原にマウンドを譲る。
上原は一打同点、長打を与えると逆転もある緊迫した場面だったが、タイガースの4番フィルダーを最後は伝家の宝刀ファークで3球三振に仕留め、本試合タイガーズ最大のチャンスを切り抜けた。
9回、上原は勝ちを急いだようにみえ先頭打者にセンター前ヒットを打たれるものの、次の打者をショートゴロに打ち取り、4-2-1のWプレーで2ウトにする。最後はアビラを三振に切って取りレッドソックスを2連勝に導いた。

b0022690_21365756.png

<勝利後チームメイトに抱えられる上原投手>

この試合の上原の投球について現地の解説者は『驚くべき(Remarkable)コントロール』と絶賛。田沢、上原の日本人両投手のリレー登板による勝利の方程式が、この試合でも生きた。
これでレッドソックスは本シリーズの対戦成績を2勝1敗とし、あと2勝でワールドシリーズ進出が決まる。

<ア・リーグ優勝決定シリーズ第3戦の動画>
http://wapc.mlb.com/play/?content_id=31144817/?content_id=31144931
[PR]
by tsune2514 | 2013-10-16 21:44 | スポーツコラム
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31