TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

F1第15戦2013日本GPが鈴鹿サーキットで開幕!

F1第15戦日本GPが本日(10月11日)、三重県の鈴鹿サーキットで開幕した。今年のグランプリは鈴鹿サーキットにとつてF1開催25周年という記念のグランプリでもある。
今日午前10時から早速フリー走行が始まり、2回のフリー走行の結果「ドライバーランキング」トップのセバスチャン・ベッテル(レッドブル)がトップタイムを叩き出した。
b0022690_034037.png

        <フリー走行1日目、トップタイムのセバスチャン・ベッテル>

なお、13日に行われる本番でベッテルが優勝し、ドライバーズランキング2位のアロンソが9位以下になった場合、鈴鹿でベッテルのF1世界選手権2013年の年間優勝が決まることになる。

今年のFIに日本人ドライバーが不在なのは寂しい限りだが、鈴鹿サーキットでのFIグランプリは、大半のドライバーにとっては非常に評価の高い開催地となっている。先週行なわれた韓国GPの運営があまりにもひどかったせいもあると思われるが、ドライバーだけでなく、チームオーナ、スタッフおしなべて、鈴鹿サーキットでのFIは最高のGPだと口々に語っている。
韓国GPでは観客はゴールスタンドにいるだけという、およそFI GPに値しない大会だったという。またドライバー、エンジニア等のメンバーが宿泊できるまともなホテルはレース場近くになく、全チームのドライバー・スタッフが一箇所のラブホテルに押し込まれたという。
また韓国GP決勝でマーク・ウェバーのマシンが燃えた時のマーシャル(レース運営側)の対応もひどく、遅い上にモータスポーツで使用する二酸化炭素消火器ではなく、通常の火災用粉末性消火器を使ったためマシンのパーツが使用不可になるという、ど素人レベルの対応だった。
これらのありえない運営の数々にこりたのか、ほとんどのF1チームのドライバー、スタッフは韓国GP終了するや否や脱兎のごとく、中には着替えもせずチームウェアのまま、その日のうちに大好きな鈴鹿サーキットがある日本に来たという。
なかでも 日本人モデル、道端 ジェシカを恋人に持つジェンソン・バトン(マクラーレン)は、日本GPは第2のホームレースと語り、今回の日本GPでは日の丸と相撲力士を描いた特注ヘルメット(下記)を用意したという。
b0022690_19185343.png
       
                 

またマクラーレンチームは公式ツイッターで、宿泊している鈴鹿の某ホテルの洗濯サービスの料金表を投稿。そのなかに「レーシングシャツ」、「レーシングキャップ」、「膝あて」など、一般のホテルでは見られない品名が含まれている。 マクラーレンは「レーシングスーツをホテルで洗ってくれるなんて、レースの街にいるんだって実感するね」と感激し思わずツイートしたらしい。

b0022690_199186.jpg

       <マクラーレンチームが投稿したホテルの洗濯メニュー表>

残念ながら日本人ドライバーが不在の今回の日本GPだが、F・アロンソはじめ、『熱狂的なファンの応援がある一番好きなGP』と語るドライバーたちの熱戦に期待したい。
[PR]
by tsune2514 | 2013-10-11 19:25 | スポーツコラム
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30