TODAY'S Column [今日のコラム]

miura.exblog.jp ブログトップ

香川真司カップ戦に先発、リバプールに1-0で勝利。

今月25日(現地時間)、マンチェスター・ユナイテッドの香川真司選手は国内カップ戦の『キャピタル・ワン・カップ (プレミアムリーグ+下位リーグの計92チームが参加)」に先発出場、リバプールとホームで戦い1-0で勝利した。
今月22日のシティとのダービーマッチに1-4と完敗したユナイテッドは、22日に出場しなかったハビエル・エルナンデス、ナニビュットネルも香川とともに先発出場している。
一方、これまでプレミアムリーグでシティー、チェルシーとともに勝ち点10で並ぶ好調のリヴァプールは、10試合の出場停止が終わったルイス・スアレスが先発、そのほかはいつも通りのベストメンバーでユナイテッドとのアウェイの試合に臨んだ。
香川は左サイドで先発、前半は攻撃シーンに絡む場面もあったが決定的なシーンを演出する動きはなく、後半に入り徐々に動きに冴えが出てき、クロスバーをかすめるミドルシュートを放つなど同28分に退くまでピッチで確かな存在感を示した。
b0022690_2014055.jpg

      <香川真司とリバプールのジェラード>

この試合が動いたのは、後半に入ってまもなく左CKのチャンスを得たルーニーが中央に放りこみ、そのボールにエルナンデスが鋭く反応、ダイレクトボレーで鮮やかにゴール中央に叩き込んだ。
<ルーニーコーナキック、エルナンデスの得点シーン>
http://www.youtube.com/watch?v=A4sTtmgs7Xg

結局このゴールが決勝点となり、リバプールは3回線で敗退、ユナイテッドは10月31日に行われる4回戦に駒を進めることとなった。

試合後のインタビューでモイーズ監督は香川について、『彼はよくやった。試合中に徐々になれてき満足できるところも少しあったが、全体的には復帰の道半ばといったところだ、出場時間が少ないことについては、多くの人が話しているが、今日の試合を見た限りでは、フル出場するほど体調は戻っていないと思うだろう』
しかしこの監督は自分の采配ミスでシティーに1-4と完敗したことを棚に上げ、『全体的にはまだ復帰の道半ばといったところだ』とはよく言ったものだ。
オーエンがツイッターで、『自分が監督ならヤングに代わって香川を使う』と言い切った事は、リバプールに1-0で勝利した結果が雄弁に物語っている。
モイーズの言葉はそのままモイーズに、こう返したいものだ。『モイーズはユナイテッドを十分に指揮できるほどの能力は持ち得ていない。まだトップチームの監督としては道半ばといったところだ』と。


[PR]
by tsune2514 | 2013-09-26 20:29 | スポーツコラム
line

今日の話題を辛口コメント


by tsune2514
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30